「ブルーノート名古屋」休業

 「ブルーノート名古屋」休業の発表があり、報道では廃止も検討されているとあり、ショックを受けた。思えば05年4月に島田歌穂ライブに初めて行ってから、約15年間に43回もライブに行ったことになる。(予約したけど葬儀で行けなかったことも1回あっ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

高松塚古墳、石舞台古墳@ 奈良県明日香村

 7月12日、近鉄に乗って、飛鳥方面(奈良県明日香村)に初めて出かけた。今回やっと近鉄の特急「火の鳥」に乗車できた。  この新型車両はメタリック・レッドの外観より、リクライニングが気兼ねなくできる全席「バックシェル」が嬉しい。 飛鳥駅から徒...

» 続きを読む

| | コメント (0)

永観堂、南禅寺@京都

 7月5日、コロナ禍が終息に向かうなかで新しい家族に会いに、久々に車で京都に出かけた。新名神の新四日市JCT~亀山西JCT開通後初めて。「織田信長廟」のある「阿弥陀寺」に少し立寄った後、「見返り阿弥陀像」で有名な「永観堂 禅林寺」、「方丈庭...

» 続きを読む

| | コメント (0)

「画家たちの欧羅巴」展@メナード美術館

6月28日午前、車で4ヶ月ぶりに「メナード美術館」に出かけ、「画家たちの欧羅巴」展を観た。マスク着用し、検温、手指消毒後に入館。 日本の画家たちとヨーロッパをテーマにした所属企画展で、当館コレクションから、初公開の岸田劉生「童女洋装」、ゴッ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

映画「エジソンズ・ゲーム」

コロナ自粛が緩和された6月20日午前、映画「エジソンズ・ゲーム」を観に行った。劇場では座席が間引かれている。 発明家トーマス・エジソンと実業家ウェスティングハウスの電力送電システムをめぐるビジネスバトルを描く。原題は「THE CURRENT...

» 続きを読む

| | コメント (0)

「額縁のむこうの音楽」展@メナード美術館

2月23日午前、久しぶりに車で「メナード美術館」(愛知県小牧市)に出かけ、「額縁のむこうの音楽」展を観た。 今回は、絵画と画中に流れる音楽、マンドリン、リュートなどの楽器、ドビュッシー、ストランヴィスキーなどの作曲家への想いをテーマにした展...

» 続きを読む

| | コメント (0)

映画「男と女 人生最良の日々」

 2月11日、映画「男と女 人生最良の日々」を観に、昨年移転した「伏見ミリオン座」に初めて行った。 クロード・ルルーシュ監督の53年前の有名な恋愛映画『男と女』の続編で、二人のその後の人生を回顧する物語。 曲は知っているが、前作は観ていない...

» 続きを読む

| | コメント (0)

荻野目洋子ライブ@名古屋ブルーノート

 2月8日夜、荻野目洋子ライブに名古屋ブルーノートに出かけた。 荻野目洋子ライブは、17年5月の名古屋ReNYのライブ以来2回目、「1st Stage」で、席は正面2列目テーブル左側。名古屋ブルーノートは44回目。荻野目洋子は、Tシャツに茶...

» 続きを読む

| | コメント (0)

映画「キャッツ」(字幕)

 2月2日午前、映画「キャッツ」(字幕)を観た観た。吹替か字幕か迷ったが、やはりオリジナルの歌声を求めて字幕を選択。「劇団四季」のキャッツ・シアターで、このミュージカルを観たのは約30年前。ストーリー性は乏しいが、猫に扮した人間たちが歌をダ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

スペイン旅行(2020年)

 1月24日から31日まで念願のスペイン旅行ツアーに出かけた。欧州は約7年ぶり、8回目。(スペインは37年ぶり2回目)  中部空港からヘルシンキ経由でバルセロナ空港に着き、カヴァ「フレシネ」の工場見学・試飲の後、バルセロナ市内にあるガウディ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

映画「ラストレター」

1月18日午前、岩井俊二監督の『ラストレター』を観に行った。 松たか子、広瀬すず、神木隆之介、福山雅治らが共演するラブストーリーで、初恋の人と再会したヒロイン、ヒロインを彼女の姉と誤解した小説家、母に送られる小説家からの手紙に返信を書く娘の...

» 続きを読む

| | コメント (0)

岸田劉生展@名古屋市美術館

 1月17日夜、岸田劉生の没後90年記念の展覧会「岸田劉生展」に「名古屋市美術館」に出かけた。 1階は自画像などの肖像画中心に、2階は有名な「麗子像」を中心に、38歳で亡くなるまでの絵画約150点の作品が展示されている。目玉は重文の「麗子微...

» 続きを読む

| | コメント (0)

コートールド美術館展@愛知県美術館

 1月5日午前、「コートールド美術館展」に「愛知県美術館」に出かけた。 ロンドンの「コートールド美術館」が誇る印象派・ポスト印象派の絵画展。目玉のマネ『フォリー=ベルジェールのバー』を始め、セザンヌ『カード遊びをする人々』、ゴッホ『花咲く桃...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年の総括

2019年の記事は、レジャー関係10件、コンサート関係9件、映画関係7件、展覧会関係6件でした。来年(2020年)の予定は、<2019年2月>荻野目洋子ライブ〈名古屋ブルーノート〉<2019年3月>花總まりコンサート〈愛知県芸術劇場〉←中止...

» 続きを読む

| | コメント (0)

映画 「アナと雪の女王 2」 (吹替)

映画 「アナと雪の女王 2」 (吹替)を観た。前作から約5年後の続編。エルサの力の秘密をめぐる物語。やはり続編に前作同様の感動を求めることは無理かな。歌もイマイチ。...

» 続きを読む

| | コメント (0)

唐招提寺&薬師寺@奈良市

11月30日、近鉄特急で西の京駅まで行き、「唐招提寺」、「薬師寺」に出かけた。ともに建物、仏像の国宝が多くあり、時間をかけてゆっくり観て回ったが、所々にある紅葉が綺麗だった。これで奈良の世界遺産8ヶ所のうち「春日山原始林」を除き7つを制覇...

» 続きを読む

| | コメント (0)

カラヴァッジョ展@名古屋市美術館

11月4日午後、16世紀イタリアを代表する画家のミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョの展覧会に「名古屋市美術館」に出かけた。 この展覧会はイタリア国内の所蔵作品を中心に10点あまりのカラヴァッジョの劇的な明暗表現の絵画(帰属を含む)...

» 続きを読む

| | コメント (0)

映画「一粒の麦 荻野吟子の生涯」

 11月4日午前、映画「一粒の麦 荻野吟子の生涯」を観に、東海地方で唯一上映されている「シネマスコーレ」(名古屋駅西口、6年振り)に出かけた。埼玉県熊谷市出身で日本の女性医師第1号となった荻野吟子の苦悩と愛、闘いの人生を描いている作品で、1...

» 続きを読む

| | コメント (0)

ローザンベリー多和田@滋賀県米原市

 10月27日午前、「名古屋港ワイルドフラワーガーデン」との関係もあり、前から行きたかった、滋賀県米原市にあるイングリッシュ・ガーデン「ローザンベリー多和田」に車で出かけた。 名古屋から車で名神高速をのんびり走って2時間弱で到着。ハローウ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

ゴッホ展@上野の森美術館

  家族結婚式の前日18日夕方、「上野の森美術館」で開催のゴッホ展に行ってみた。 ゴッホがハーグ派、印象派の影響を受けながら自らのスタイルを構築していく過程を紹介紹介する展覧会。 目玉は「糸杉」だが、「麦畑」、「薔薇」がとても素晴らしかった...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«映画「蜜蜂と遠雷」