« 本田美奈子さんを偲ぶ | トップページ | ミュージカル「異国の丘」 »

「デ・キリコ展」

 11月12日午前、名古屋の松坂屋美術館へ「デ・キリコ展」を観に出かけた。イタリア生まれの形而上絵画(メタフィジカ)の巨匠ジョルジョ・デ・キリコの絵画、彫刻、デッサンなどの作品展。
 形而上絵画というと結構、難解かなと思ったが、「夏の夢」「ふさぎ込んだ太陽と形而上的室内」など色鮮やかでポップな油彩画は感覚的に好きである。彫刻も美しくて良かった。(☆)

|
|

« 本田美奈子さんを偲ぶ | トップページ | ミュージカル「異国の丘」 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

キリコ いいですね。。。形而上といいつつ
感覚的にせまってくるものが ありますね(^-^

うちの ブログですが すこし お休みします(^-^
四十九日の間 くらい。。。

10ヶ月 がんばったから それくらい やすんでも
ま いいかなあ と(^-^

美奈子新HPも そのタイミングで あげると 思いますので
また お付き合いのほどを。。。

投稿: きょろちゃん. | 2005年11月17日 (木) 14:07

きょろちゃん.さん!!!コメントお待ちしていました。
きょろちゃん.のHP復活をじっとお待ちしてます。。。

 私もこのブログサイトで、ファンから見た等身大の「本田美奈子伝説」を綴っていきたいと思っています。
今後もよろしくお願いします。。。

投稿: ぬも(ぐらん)@管理人 | 2005年11月17日 (木) 21:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85605/7043301

この記事へのトラックバック一覧です: 「デ・キリコ展」:

» 優雅なミューズたち [風阿弥・記]
私が十代の頃 ジョルジオ・デ・キリコに はまってしまったことがある 当時、けっこう大規模な キリコ展をやっていて 友人と観に行った はじめて鑑賞するのに 懐かしさが込み上げてくるのは何故なのか 『不安な美神』や『放蕩息子の帰還』など 日本語のタイトルにも なにか引かれるものがあった 最近は意識をしたことがなかったけど 影響を受けているのかもしれない 多感な頃に出会った芸術は 意識の深いところに インプットされるのかもしれない どうぞ... [続きを読む]

受信: 2006年1月16日 (月) 06:38

« 本田美奈子さんを偲ぶ | トップページ | ミュージカル「異国の丘」 »