« 中国出張 その2 | トップページ | CD「心を込めて…」 »

小説「蝉しぐれ」

 藤沢周平氏の長編小説「蝉しぐれ」(文春文庫)を友人に薦められて読んだ。
剣に生きる主人公牧文四郎が友情、淡い恋、事件、戦いなどさまざまな出来事を通して成長していく姿を描いた物語で、清涼感がある作品である。テンポよく話が進むため、一気に読めてしまう。
 昨年9月に映画化され、その試写会を観たため、映画のイメージが強く残っていたが、主人公を演じた市川染五郎は小説のイメージぴったり。また、偶然にも中国出張のANA機内でも再度、映画を観ることができた。でも、映画より小説の方がはるかに良い。

|
|

« 中国出張 その2 | トップページ | CD「心を込めて…」 »

テレビ・本など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85605/8739258

この記事へのトラックバック一覧です: 小説「蝉しぐれ」:

« 中国出張 その2 | トップページ | CD「心を込めて…」 »