« 台湾旅行 | トップページ | 映画「ホテル・ルワンダ」 »

映画「県庁の星」

 映画「県庁の星」を観てきた。織田裕二演じる県庁の若手エリート行政マンが民間人事交流で、地方スーパーに出向し、柴咲コウ演じるパート女性らと葛藤を通じて自身の生き方に目覚めていく物語。
 柴咲コウはTBSドラマ「グッドラック」での空港整備士役のような突張り系ワーキングウーマン役が良く似合う。 また、石坂浩二が老獪な政治家(県議会議長)を演じているが、石坂浩二は「白い巨塔」の教授役から知的な悪役がぴったり。織田裕二も出世主義のエリートを好演しているが、どうしても湾岸署の刑事のイメージが残ってしまう。
 映画を観ながら、私自身も出向先のホテルで地元自治体からの研修生の対応をしたり、消防、保健所の査察対応をしたことを思い出した。映画のストーリーはかなりマンガチックだが、現実はちょっと違うかな。。でもスーパーの惣菜調理で残り物を使ったり、フライを揚げ直したりするのはありえるかも。。。(☆)

 

|
|

« 台湾旅行 | トップページ | 映画「ホテル・ルワンダ」 »

映画(邦画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85605/8900733

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「県庁の星」:

» 映画「県庁の星」 [いもロックフェスティバル]
素直に「エエ作品やな」と思える映画やね。 劇場などですでに何回か予告編を見てい [続きを読む]

受信: 2006年3月 3日 (金) 15:49

» 【劇場鑑賞17】県庁の星 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
素直に謝る。素直に教わる・・・ カイカクするのは、ココロです★ [続きを読む]

受信: 2006年3月 4日 (土) 00:10

» 「県庁の星」気楽に見てたら、いつの間にか考えさせられた [soramove]
「県庁の星」★★★☆ 織田裕二、柴咲コウ主演 西谷弘監督、2005年 混んだ劇場で 画面を見つめ、 皆と同じ場面で笑い、 同じセリフにジーンと来る。 驚くような展開は無いが、 登場人物が それぞれの場所にぴたりとハマって すごく楽しめた。 このところ...... [続きを読む]

受信: 2006年3月 4日 (土) 18:17

» 県庁の星/織田裕二、柴咲コウ、佐々木蔵之介 [カノンな日々]
アレ?オカシイ・・・こんなハズじゃなかったのに。予想外に感動しちゃいました、ホントに。フジテレビ系のこの手の映画ってTVドラマの延長豪華版ってイメージが強くて、一過性の娯楽作品ってつもりで臨んだら、なんか思いのほかハートウォーミングでグっときました。映画的....... [続きを読む]

受信: 2006年3月 4日 (土) 18:38

» 県庁の星 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
野村聡(織田裕二)は、県庁のエリート意識も強く上昇意識丸出しのキャリア公務員。「特別養護老人施設建設」の企画を提出し、それを足がかりに出世を狙っています。そのプロジェクトを前に、県が打ち出した「人事交流研修」のメンバーに選出され、スーパー「満天堂」に送り出され... [続きを読む]

受信: 2006年3月 4日 (土) 23:45

» 「県庁の星」見てきました。 [よしなしごと]
 今回は県庁の星。ホワイトアウトでは、テロリスト相手に奮闘し、踊る大捜査線では、警察官僚や犯人達と戦う、あの織田裕二が三流スーパーのパートの柴咲コウに「お前の将来なんか知るかっ!」と怒られて、たじたじになってしまう、あの映画です。今までの作品と違ってちょっと弱っちい(?)織田裕二も楽しみです。... [続きを読む]

受信: 2006年3月 5日 (日) 13:42

» ■県庁の星 [ルーピーQの活動日記]
K県庁のエリート公務員・野村(織田裕二)は、200億円をかけた一大プロジェクトに必要な「県と民間の交流」をクリアするため、三流スーパー「満天堂」に半年間の研修に出されることになる。そこではパート従業員の二宮(柴咲コウ)から仕事を教わることになるが、役人..... [続きを読む]

受信: 2006年3月 9日 (木) 02:02

» 県庁の星 06年204本目 [猫姫じゃ]
県庁の星 2006年   西谷弘 監督織田裕二 、柴咲コウ 、石坂浩二 、酒井和歌子 、佐々木蔵之介 、和田聰宏 この監督って、TVドラマ作ってきた人なのね。 で、映画デビュー作。 いぁ、面白かったです。 古典的ストーリーなんだケド、題材が今風。 警察を改革する...... [続きを読む]

受信: 2006年11月27日 (月) 11:23

» 県庁の星 とクリスチャン織田裕二 [Cigarの見る風景]
6/9の土曜日に“県庁の星”という邦画が放映された 感のいい方は分かるだろうが 舞台の一つになるスーパーは 伊丹十三監督の“スーパーの女”が下書きとなっている“スーパーの女”は伊丹監督の遺作となった作品だが 大手スーパー進出に潰れかける弱小スーパーを建て...... [続きを読む]

受信: 2007年6月13日 (水) 13:29

« 台湾旅行 | トップページ | 映画「ホテル・ルワンダ」 »