« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

NHKドキュメント「煙と金と沈む島」

 4月30日夜、NHKスペシャル・ドキュメント「煙と金と沈む島」が放映された。
 中国・重慶市の炭鉱労働者とニューヨークの排出権取引会社ナットソース社とツバルの生活者の同時ドキュメント。地球温暖化による海面上昇で世界に最初に沈むといわれる海抜2m足らずという島嶼国家「ツバル」の大潮の日に焦点を当てている。
 ツバルが海面上昇による国家消失の危機に直面しているなか、世界で温室効果ガス(二酸化炭素等)排出量が1番多いアメリカと2番目に多い中国が温暖化対策(京都メカニズム)で金儲けをしている。
 温室効果ガスと地球温暖化が本当に因果関係にあるかどうか若干の疑問はあるが、何もしないよりは何かをした方がましだと思われる。世界では色々な思惑で人々が行動している。何かをするため、させるためには経済的利益で誘導するというのも止むを得ない。でもアメリカやオーストラリアが批准していない京都議定書が今後うまくいくのか大いに疑問。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

PUFFYライブ@ZEPP NAGOYA

 会場がオール立ち見のため、行くのを躊躇していたが、4月25日夜、急遽思い立って当日券を買って「PUFFY」のライブに行った。会場は名古屋駅南の笹島にある「ZEPP NAGOYA」(ここは初めて)で、入場券の他にドリンク代500円を払った。観客は若い女性が圧倒的に多かった。
 PUFFYの10周年記念ライブ・ツアーのため、「これが私の生きる道」「渚にまつわるエトセトラ」「愛のしるし」など過去のヒット曲を歌いまくり、最後は「アジアの純真」で締め、盛り上がりは凄かった。PUFFYの歌はHAPPYな歌が多いのが良い。でも、やはり立ち見はちとキツイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

尾崎亜美コンサート@ダイヤモンドホール

 4月22日夜、尾崎亜美のデビュー30周年コンサートに「ダイヤモンドホール」(名古屋市中区)へ出かけた。観客の年齢層はさすが40歳代以上が多い。
 「オリビアを聴きながら」などバラード調の曲はグランドピアノのソロでしっとり歌い、最新CD「三重丸」の曲などポップな曲は正面を向いたキーボードで楽しく歌い、「天使のウインク」などロック調の曲は踊りながらノリノリで熱唱し、いろいろ楽しめた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

CD「心を込めて…」 (その2)

 待ちに待った本田美奈子さんの未発表音源を含む新CD「心を込めて…」を入手した。
 会社近くのCDショップで発売予定日前に見つけたため、帰宅後にネットの予約注文をキャンセルして即購入した。
 前半は未発表音源「見上げてごらん夜の星を」、「命をあげよう」、「踊りあかそう」、「オン・マイ・オウン」、「天国への階段」の5曲だが、うち3曲は20周年記念のミュージカルCDとして2004年12月から録音開始したものである。でも、「踊りあかそう」、「オン・マイ・オウン」はやっぱりライブの歌のほうが良かったです。。。
 後半はNHKテレビのために録音した曲が4曲収録されているが、「オールウェイズ・ラブ・ユー」は素晴らしい。
 これは、天国からの贈り物です。。。ありがとう。。。心を込めて。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

映画「LIMIT OF LOVE 海猿」

 映画「LIMIT OF LOVE 海猿」の試写会に出かけた。主演、ヒロインは伊藤英明と加藤あい、他出演者は佐藤隆太、美木良介、時任三郎、石黒賢、大塚寧々、吹越満ら。
 映画「海猿」からテレビドラマ「海猿 EVOLUTION」へ展開し、第3作(映画としては2作目)という位置付けとなる。
 前作「海猿」は「愛と青春の旅立ち」的なイメージの青春スト―リーであったが、今回の作品は大型客船の海難事故をモチーフにした「ダイ・ハード」的なイメージの全く別の映画である。
 「タイタニック」級の壮大なスケールの映像で展開し、ストーりーも骨太で、とても感動した。ヒロインの加藤あいが一人たたずみ、その上をヘリが爆走するシーンがとても印象的。結構、お薦めです。。
 でも、救助された大塚寧々演じる妊婦のお腹の子供は大丈夫だったか心配。。。   (☆☆)

| | コメント (2) | トラックバック (3)
|

タケノコ狩り@名古屋

 Takenoko
 4月15日、小雨が降る中、名古屋市内のタケノコ狩りイベントに出かけた。
タケノコ狩りは初めての体験。竹林で少し頭が出たタケノコの周りの土をスコップで掘り出し、専用のクワで切り採るのだが、地下の竹の太い根が邪魔で思った以上に掘り難く、数本採ったが結構大変だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

山崎川@名古屋の桜は満開

 Cherry06_1 
 自宅から近い、名古屋市内有数の桜の名所である山崎川の桜が“満開”になりました。満開ですが、まだ葉が出てないし、蕾も少し残っているので、もう数日楽しめそうです。毎年、同じ光景だけど、やっぱり観に行きたくなる。
 「山崎川」も有名ですが、その近くの弥富公園付近も道路の桜並木が桜のトンネルのようで、結構おすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

1万アクセス到達!

 アクセスカウンターを設置してから、7ヶ月でとうとう1万アクセスに到達しました!
最近は仕事が忙しくて、記事にするイベントやネタがあまり無いですが、今後も細々ながら記事をアップしていきたいと思っております。
 なお、右サイド下に「ぐらんアルバム」を設定しました。記事にしていない写真もアップして、内容を充実させたいと思っています。

<今後のイベント予定>
 「ミュージカル・李香蘭」 <新名古屋ミュージカル劇場>  (5月、予約済)
 「ミュージカル・十二夜」 <中日劇場>            (8月)
 尾崎亜美コンサート  <ダイヤモンドホール>        (4月、予約済)
 早見優&タイムファイブコンサート <愛知厚生年金会館> (6月、予約済)
 中森明菜コンサート                         (7月、予約済)
 プロ野球・中日VSロッテ戦 <名古屋ドーム>        (6月)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

中日VS巨人戦@ナゴヤドーム

 4月7日夜、中日VS巨人戦を観戦するため、今シーズン初めてナゴヤドームへ出かけた。今年のドラゴンズは目立った新戦力がなくあまり期待していないが、やはりシーズンが始まるとまずは行きたくなる。席はお気に入りのライト側のプライムツイン。
 試合は両チーム・エースの川上と上原による力のこもった投手戦で、打力が弱いドラゴンズがこのまま上原に完封されるかと思ったが、7回、バッティング絶不調の3番・福留の出会い頭的(WBC韓国戦と同じ!)なホームランで同点になり、9回、立浪の満塁サヨナラ・ホームランで劇的にドラゴンズが勝利した。
 過去、プロ野球を多く観に行っているが、満塁サヨナラ・ホームランは初めてであり、とても感激した!スタンドも大いに盛り上がった。
 早々に試合が終わったので、終了後、グッズ・ショップなどがかなり混雑していた。また、オープンしたばかりのイオン・名古屋ドーム店へ向かう人も沢山いた。(☆☆☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

演劇「びっくり箱~姉妹編~」@愛知厚生年金会館

 4月3日夜、向田邦子原作の演劇「びっくり箱~姉妹編~」を観に愛知厚生年金会館(名古屋市千種区)へ出かけた。
 沢口靖子、余貴美子、永島敏行、佐藤重幸らが演じるハートウオーミングな昭和の恋の物語。若い現代女性を演じたお目立ての沢口靖子はやっぱり上手く、力みの無いセリフも聞きやすい。(個人的に時代劇の沢口より、コメディ調の現代劇の沢口の方が好きだ。)
 また、沢口の姉を演じた余貴美子、人の良いヒモを演じた永島敏行、近所のおばさんを演じた草村礼子ら芸達者の俳優がそれそれ好演している。
 ストーリーは幾分古い内容だが、テンポも軽快で最近では一番感激した。最近、奇抜な演劇が多いが、このような演劇も良いものだ。 (☆☆☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

CD「I LOVE YOU」

本田美奈子のマーベラス時代の音源(アニメ曲など)を集めた新CD「I LOVE YOU」が発売され、この時代の曲は持っていないため、思わず衝動買いした。
このCDの売上の一部は「LIVE FOR LIFE」を通して白血病患者支援等に役立てられるという。
 タイトル曲の「I LOVE YOU」は尾崎豊の名曲をカバーしたもので、ポップ調で軽く歌っているが、なかかな味わいがある。
他も明るい曲が多いが、彼女の優しい歌声でゆったりした気持ちで聴ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »