« 「愛・地球博」大復活祭 | トップページ | 「スウィート・チャリティ」@名古屋市民会館 »

演劇「THE WINDS OF GOD」@名古屋市民会館

 9月28日夜、演劇「THE WINDS OF GOD」 を観に名古屋市民会館中ホールへ出かけた。
 この演劇は今井雅之が18年にわたり演じているライフワークと言える演劇で、以前から観たいと思っていたもの。出演は今井雅之の他に松本匠、岡安伸一ら7人。
 売れない漫才コンビが終戦末期の特攻隊の部隊にタイムスリップするストーリーであり、昨年夏にテレビドラマ化もされたが、机と椅子だけの小道具で演じ、漫才もタイムリーな時事ネタをふんだんに織り込める演劇の方が味わいがある。。
 「輪廻転生」をメイン・テーマに取り上げ、「NO MORE WAR」のメッセージを痛烈に訴える。最後のシーンに登場する老神父と妊婦はとても意味深である。
 劇後の「平和の有難さを感じなければ、戦後から戦前になってしまう」という今井の挨拶が印象に残った。(☆☆)

|
|

« 「愛・地球博」大復活祭 | トップページ | 「スウィート・チャリティ」@名古屋市民会館 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85605/11960106

この記事へのトラックバック一覧です: 演劇「THE WINDS OF GOD」@名古屋市民会館:

« 「愛・地球博」大復活祭 | トップページ | 「スウィート・チャリティ」@名古屋市民会館 »