« 大前研一氏講演会@名古屋 | トップページ | 映画「幸福な食卓」 »

年忘れ東西落語名人会@中日劇場

 12月24日昼、中日劇場へ「年忘れ東西落語名人会」へ出かけた。出演は、関西の桂ざこば、桂米朝、関東の柳家小三治ら。いつもの中日劇場と異なり男性の方が多い。 桂ざこばは、噺を始めた後、空気が乾燥して喋り難い噺を中断して、自身が米朝門下へ入門するまでの半生(「さっこばらん」)を語ったが、とても面白かった。 入院後復帰した‘桂米朝’は自身のボケ話を中心に「持参金」を話したが、味があり、さすが大御所!柳家小三治は、「松下のビクター売却」記事から、ビクターの技術の高さや黒の染物に関するウンチクのマクラを長く話した後、有名な「宿屋の富」の噺をしたが、やっぱりうまい。 その他の出演者と演目は桂吉弥の「七段目」、柳家はん治の「鯛」(生簀の鯛の会話が面白い)、桂春團治の「寄合酒」。

|
|

« 大前研一氏講演会@名古屋 | トップページ | 映画「幸福な食卓」 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85605/12790687

この記事へのトラックバック一覧です: 年忘れ東西落語名人会@中日劇場:

» 堪能してきました [雪ダルの日記                                       YuKiDaRoo's Diary]
◇年忘れ東西落語名人会◇桂米朝、柳家小三治、桂春團治、桂ざこば、柳家はん治、桂吉弥 [続きを読む]

受信: 2006年12月26日 (火) 00:03

« 大前研一氏講演会@名古屋 | トップページ | 映画「幸福な食卓」 »