« 東儀秀樹ミニコンサート@名古屋市美術館 | トップページ | 国立新美術館 »

映画「不都合な真実」

映画「不都合な真実(An Incovenient Truth)」がやっと公開されたので、1月21日、名古屋地区で唯一上演されている「TOHOシネマズ・名古屋ベイシティ」へ出かけた。クリントン大統領時の副大統領であり、2000年の大統領選挙でジョージ・W・ブッシュ現大統領に惜敗した共和党のアル・ゴア氏が「地球温暖化」の危機を訴える映画。
 観る前はゴア氏が何らかの政治的意図を持って製作した映画かと思っていたが、ゴア氏が子供の交通事故を契機に「地球温暖化」問題に取り組むようになったこと、親がタバコ栽培業を営んでいたが喫煙する姉が肺ガンで亡くなったこと等のゴア氏自身の人生にも触れながら、「地球温暖化問題」について、豊富な実例やデータを示しながらゴア氏の語りによる‘スライド講座’で説明しており、‘何でも反対’のヒステリックな環境論者と異なってとても論理的で説得力がある。
 中でも、温暖化ガス排出世界1位のアメリカが京都議定書を批准していないこと、温暖化ガス排出世界2位の中国が石炭を主力エネルギーとしていること、にも言及しているのが興味深い。
 最後のエンドロールで温暖化を防止するために我々が取組むべき事項の列挙があるが、個人レベルではこれらを行うことは必要だが、やっぱりアメリカやオーストラリアに京都議定書を批准してもらうと同時に中国やインドなどにも削減目標を持ってもらうなど国家規模で温室効果ガス削減に取組むことが重要であると思われる。でも日本のマイナス6%については、本当に達成できるのか大いに疑問。
【追記】後日、日本語訳の書籍も購入しました。

|
|

« 東儀秀樹ミニコンサート@名古屋市美術館 | トップページ | 国立新美術館 »

映画(洋画)」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
TBをありがとうございました。
地球温暖化の仕組みや問題点をとてもわかりやすく説明していて、家族で見て良かったと思いました。
小学生にはちょっと難しいかな?中学生以上の子供達が学校単位で見学するのも良いのではないかと思いました。

TBさせていただきました。

投稿: はなこ | 2007年1月22日 (月) 22:55

はなこさん、コメントありがとうございます。
若い人を始め多くの方に観てもらいたいですが、上演映画館が少ないですね。

投稿: 管理人→はなこさん | 2007年1月24日 (水) 00:07

こんにちは。TBありがとうございました。

ああそうですか、もう公開されたんですね。うれしいです。

試写会を見て、その説得力に脱毛、じゃなくて脱帽でした!

たくさんの人が見るといいですね。脅かす要素もあるけど、最後の10の提言には励まされますね。

投稿: cole | 2007年1月26日 (金) 13:24

10の提言は直ぐにできることとそうでないことが混在してますが、まず直ぐにできることをやることが大切ですね。
今回のアカデミー賞ノミネートで話題性が高まること
を期待してます。
コメントありがとうございました。

投稿: 管理人→coleさん | 2007年1月26日 (金) 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85605/13346930

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「不都合な真実」:

» アル・ゴア話その4 [温暖化いろいろ]
Ohmynews【映画】人類の未来のために観るべき『不都合な真実』 http://www.ohmynews.co.jp/News.aspx?news_id=000000002823 で紹介されていますね。  映画の日本語版は来年1月20日上映開始とのことです。  10月26日の参議院だったか27日の衆議院だったか(両方だったか)の環境委員会での質疑でも、新たな(安倍政権下の)若林環境大臣が、自分も映画の試写を観た、政治家の意志に感銘を受けた云々と答弁をしていました。 日本語映画のホームページの... [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 20:38

» 『不都合な真実』 [はなこのアンテナ]
大学時代から地球温暖化について注目して来たという ゴア元米副大統領。そのゴア氏が地球温暖化問題の啓蒙の為 世界各地で精力的に行っているスライドトークの模様に、 時折、氏の評伝(その生い立ちから現在まで)が挟み込まれた ドキュメンタリー。エコ・サンデーの昨日、家族で見て来ました。 元々、本作中のスライドトークは米市民に向けてのものなので、 正直言って「これは地球温暖化問題とは直接関係ないだろう」 と思える発言もあった(民主主義礼賛や共産主義云々など)。 同様の意味で、ゴア氏の評伝も一部(大統領選敗北... [続きを読む]

受信: 2007年1月22日 (月) 22:07

» 『不都合な真実』 [映像と音は言葉にできないけれど]
20年前くらいから特定のシリーズ以外は劇場プログラムを買わないようにしていますが、この映画を観終わって即、買ってしまいました。 [続きを読む]

受信: 2007年1月23日 (火) 23:47

» 不都合な真実 [週末映画!]
期待値: 94%  アル・ゴア元副大統領が出演するヒューマン・ドキュメンタリー。 地球環境の危機を分 [続きを読む]

受信: 2007年1月25日 (木) 23:17

» 「不都合な真実」映画館で500円で見てきた感想 [Wilderlandwandar]
実は土曜日に見ようとしたら、キャンペーン中に付き日曜日限定で500円で見られる、 [続きを読む]

受信: 2007年1月25日 (木) 23:20

» 不都合な真実/アル・ゴア [カノンな日々]
なんかね、映画を観に行ったというよりは講演を見に行ったような気分になる作品なんですが、でもその内容は「それでもボクはやってない」に匹敵するような重要な国際的な環境問題について提起しています。作品としてはドキュメンタリー映画に分類されるんでしょうけど、ほと....... [続きを読む]

受信: 2007年1月26日 (金) 21:09

» 今日の1冊:"AN INCONVENIENT TRUTH" by Al Gore [grumpy monkey]
★★★★★ "My name is Al Gore. I used to be the next president of the United States." 映画の予告編でこのセリフを聞いた時から、なんつー面白い人だ、これは絶対に見ようと心に決めていました。後に本のコン... [続きを読む]

受信: 2007年1月27日 (土) 22:00

» 地球冷却運動(Earth Cool Movement) [Vosh の徒然草]
 地球温暖化が、世界中で多くの不幸をもたらしています。異常気象により被災者になってしまう人や沈み行く島に住む人々。絶滅してしまう動植物も・・・。  この不幸を回避するために、私たちは何が出来るのでしょ... [続きを読む]

受信: 2007年2月 8日 (木) 17:11

» 映画「不都合な真実」を観て [Kirkの独白]
 先週末、京王線府中駅のすぐ南側にあるモール「くるる」の5階にあるシネマコンプレ [続きを読む]

受信: 2007年2月 9日 (金) 17:02

» ★「不都合な真実」 [ひらりん的映画ブログ]
近くでは「TOHOシネマズ川崎」でしかやってなかったので、 やっとタイミングが合って、見ることが出来ました。 アメリカ元副大統領アル・ゴアの環境問題講演会のドキュメンタリー。 [続きを読む]

受信: 2007年2月16日 (金) 02:56

» 不都合な真実★映画 [徒然なるサムディ]
映画の冒頭、一枚の地球の写真が映し出される。 宇宙船アポロが撮ったもので、これまでよく目にしたものだ。 白い雲が浮かび、全体に青い地球。 改めて地球とはなんときれいな「惑星」なのだろうと思う。 そこに生きていること自体に感謝したくなる。 その地球の姿はこれからも変わらないものだ、と信じて生きてきた。 少なくとも自分が一生を終えて、子孫の世代になっても。 もちろん、環境破壊が将来危機的事態を招くということは気になっていた。 でも、それはもう少し遠い将来の話、と無理にでも思い込もうとして... [続きを読む]

受信: 2007年2月18日 (日) 16:52

« 東儀秀樹ミニコンサート@名古屋市美術館 | トップページ | 国立新美術館 »