« 映画「ラブソングができるまで」 | トップページ | 映画「殯(もがり)の森」 »

映画「憑神」

 映画「憑神(つきがみ)」の試写会に出かけた。幕末の下級武士が貧乏神、疫病神、死神に次々にとり憑かれるなかで、生きる意味を見出していくストーリー。出演は妻夫木聡、佐々木蔵之介、笛木優子、夏木マリ、香川照之、西田敏行、赤木英和ら。浅田次郎のユーモア小説が原作のため、軽いのは仕方ないか。ラストの原作者の浅田次郎の出演はやや興醒め。佐々木蔵之介が主人公のセコい兄の役を好演している。笛木優子もイイ感じ。
上映後に降旗監督と主演の妻夫木聡の舞台挨拶があった。妻夫木聡は薄い水色のジャケット姿で現れ、西田敏行との共演時の感想などを話した。

|
|

« 映画「ラブソングができるまで」 | トップページ | 映画「殯(もがり)の森」 »

映画(邦画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85605/15281672

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「憑神」:

» 妻夫木聡、思わず失言 [ニュースですYO!]
妻夫木聡、運が悪いことに、そう発言した直後に夏木マリと目が会ってしまったそうです。「すみません・・・・」と申し訳なさそうに語ったそうですが、後の祭りです。 [続きを読む]

受信: 2007年6月 3日 (日) 00:10

» 憑神(つきがみ) [りらの感想日記♪]
【憑神(つきがみ)】 ★★★☆ 2007/05/30 試写会(13) ストーリー しがない下級武士の別所彦四郎(妻夫木 聡)はある日、ご利益 [続きを読む]

受信: 2007年6月10日 (日) 12:43

» 「憑神」試写会レビュー えんたていめんと  [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
まわりの観客が笑ってるとこちらまでもうれしくなる。とくにご年配のひと。純粋に、なんか良い空間だなと思う。 [続きを読む]

受信: 2007年6月21日 (木) 20:44

» 憑神 [映画、言いたい放題!]
試写会にブロガーとして招待されました。 同伴1人可能だったので妹を引き連れて参加也。 原作は浅田次郎氏、監督は降旗康男氏。 「鉄道員(ぽっぽや)」のコンビですね。 時は幕末。 別所彦四郎は下級武士とはいえ、 代々将軍の影武者をつとめてきた由緒ある家柄の出。 しか... [続きを読む]

受信: 2007年6月22日 (金) 03:06

» 「憑神」:木場駅前バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/hiyo_en2/}まるで江戸時代にでも迷いこんだみたな趣の橋ね。 {/kaeru_en4/}このあたりにはまだまだ昔ながらの風情が残っているんだな。 {/hiyo_en2/}この先に三巡稲荷があったりしても不思議じゃないような風景よね。 {/kaeru_en4/}江戸時代末期を舞台にした映画「憑神」の中で妻夫木聡が幸運を祈ったお稲荷さんか。 {/hiyo_en2/}そうそう、幸運を祈ったはずなのに、貧乏神やら厄病神やら死神にとりつかれちゃってもう大騒ぎっていう映画。 {/kaeru_en4/... [続きを読む]

受信: 2007年6月24日 (日) 18:33

» 『憑神』舞台挨拶@丸の内TOEI 1 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
今回は、妻夫木聡、西田敏行、赤井英和、佐藤隆太、江口洋介、香川照之、佐々木蔵之介、夏木マリ、鈴木砂羽、森迫永依出演の『憑神』の舞台挨拶レポートでございます。会場は丸の内TOEI1。ココで映画見るのは何年ぶりだ?『バトル・ロワイアル』公開時は徹夜で並んだ記憶も....... [続きを読む]

受信: 2007年6月24日 (日) 20:23

» 憑神 [Akira's VOICE]
印象に残るのは米米クラブの「御利益」だけ。 [続きを読む]

受信: 2007年6月26日 (火) 16:55

» 【2007-88】憑神(つきがみ) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? あんた、ツイてるね。 いいえ、とりツカれてるんです。 神頼みのはずが、 現れたのは三人の災いの神だった。 あなたも、ツイてるよ。 神様いったい、 何様のつもりですか? ... [続きを読む]

受信: 2007年6月26日 (火) 19:38

» 憑神(映画館) [ひるめし。]
神様いったい、何様のつもりですか? [続きを読む]

受信: 2007年6月30日 (土) 14:18

» 「憑神」軽妙さから『面白い』を取ってしまった [soramove]
「憑神」★★☆ 妻夫木聡主演 降旗康男 監督、2007年 時は幕末、 一般のひとより苦労の生活を強いられる 下級武士が主人公。 人が良く、プラス思考で 明るい人柄の主人公に 取り憑いたのは「貧乏神」「疫病神」 そして「死神」 深刻にならず、飄々と...... [続きを読む]

受信: 2007年7月 2日 (月) 09:14

» 憑神(つきがみ) [空想俳人日記]
憑いた神 月も嘘突く 願い事   おおお、死神が飯を食ってるよ。しかも何杯もお替りしおって。すげえ食欲。見るからにもう、元気もりもりだあね。育ち盛りなんだろうね。  カメラ・フォーカスは、そんな彼女おつやを演じる森迫永依にピンが来てる。だけどだけど、その背... [続きを読む]

受信: 2007年7月 7日 (土) 19:56

« 映画「ラブソングができるまで」 | トップページ | 映画「殯(もがり)の森」 »