« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

名古屋名駅薪能

 7月29日夜、名古屋駅前で行われた「第6回名古屋名駅薪能」に出かけた。能鑑賞は3度目、同日午後に出かけた「新妻聖子能楽堂ライブ」とはなぜか“能”つながりである。
 会場は今年オープンした「ミッドランドスクエアビル」をバックに設定され、”篝火”が2基(他はスポット照明)設定された舞台で、夕暮れ時から始まり、中盤からは満月がビルから姿を現し、とても幻想的であった。
 今回の演目は能(観世流)「嵐山」、狂言(和泉流)「太刀奪」、能(観世流)「安達原」などで、特に「安達原」はストーリー性があり、動きもダイナミックで能の魅力を十分に堪能できた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新妻聖子ライブ@名古屋能楽堂(2007年)

7月29日午後、「新妻聖子・能楽堂ライブ」に『名古屋能楽堂』に出かけた。『名古屋能楽堂』は2度目だが、クラッシックとポップスのライブは初めて。席は自由席で、能舞台での音楽ライブはどの位置が良いのか迷ったが、正面の後ろの席に着席した。
 前半は名フィルの弦楽四重奏の演奏があり、後半が新妻聖子のライブ。(新妻聖子ライブは今年3月の八事ハウジングのライブ以来2回目)
 新妻はピンクのドレスで現れ、最初に「ユー・レイズ・ミー・アップ」を歌い、「メモリー」、「命をあげよう」、「オン・マイ・オウン」のミュージカルの名曲を熱唱した後、「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」、「ラブ・ストーリー」の映画の名曲を切々と歌い、最後はセカンドCD曲「愛を止めないで~Always loving you~」(NHK木曜時代劇の主題歌)と今回の能楽堂ライブのメイン曲の名古屋城本丸御殿復元イメージソング「煌きの未来へ」を歌い、アンコールで「タイム・ツー・セイ・グッバイ」を歌った。(歌が故本田美奈子の歌とほとんど同じである。特に「タイム・ツー・セイ・グッバイ」は同じ歌い方!)時間は短かったが、彼女の圧倒的な歌唱力を堪能できて、大満足。
 ライブ後に「煌きの未来へ」CDサイン会があった。(☆☆☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

田崎真也トークイベント@名古屋港

Photo 7月28日午後、名古屋港に寄港した9階建ての客室を持つ豪華客船「にっぽん丸」の船内(4階ドルフィン・ホール)で行われたワイン・ソムリエの田崎真也氏のトーク・イベントに参加した。
 田崎真也氏はワインの赤と白に合う食材についてのウンチクを語りながら、料理について会話することの楽しさを説いた。ゆったりした豪華客船の旅もしたいけど時間もお金もないな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

映画「怪談」

 映画「怪談」の試写会に出かけた。三遊亭円朝が創作した「真景累ヶ淵」を原作を「リング」の中田秀夫監督が映像化。
 尾上菊之助が主人公・新吉を演じ、それをとりまく女性を黒木瞳、井上真央、麻生久美子、木村多江、瀬戸朝香ら幽霊役が似合いそうな多彩な女優陣が演じる。黒木瞳の幽霊は凄みがあり、結構怖いホラー映画だが、江戸情緒溢れる映像美が印象的である。

| | コメント (0) | トラックバック (12)
|

高木美保講演@愛知サマーセミナー

 毎年恒例の「愛知サマーセミナー2007」2日目の高木美保の講演会に名古屋市立大学川澄キャンパス(医学部)に出かけた。今回の目玉講演のため、会場の大教室は超満員で階段にも人が座るような状態であった。
 高木美保は、2004年3月の東京・新宿エルタワーのトークショー以来2回目であるが、今回は肩口が大きく開いた白い衣装で現れ、「自然がくれた人間力」というテーマで話した。今回もお得意の芸能ネタやウンチネタなど面白い話が満載であったが、“人間と自然との関係”について、自身の鋭い人間観察や体験からのとても味のある内容をじっくり聞かせ、とても感動した。(☆☆☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

3万アスセス到達

ついに3万アクセスに到達しました。ありがとうございます。
私も長いトンネルをやっと脱出できました。この時期に故・本田美奈子さんの歌声に癒され、「決して夢をあきらめない」がテーマである『ミュージカル』に励まされました。
 この数ヶ月でアクセスが多かった記事は、映画「手紙」映画「舞妓Haaaan!!!」映画「憑神」等でした。
 今後の主な予定は以下のとおりです。
<7月> 新妻聖子ライブ (新妻聖子&名フィル) <名古屋能楽堂>(レポ済)
<8月> 「のだめカンタービレの音楽祭」(茂木大輔 他) <愛知県芸術劇場>(レポ済)
<9月> 阿川泰子ライブ  <NAGOYA Blue Note>
      志の輔らくご (立川志の輔) <アートピアホール>

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

映画「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」

 7月11日夜、凄いタイトルの映画「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」を観に行った。
 石川県の田舎(ロケ先は能登市)に暮らすドロドロの家族の葛藤をコミカルに描く。両親の死をきっかけに東京から戻った女優の姉・澄伽をサトエリこと佐藤江梨子が演じ、内向的な妹を佐津川愛美、兄を永瀬正敏、兄嫁を永作博美が演じている。昔の名画座系のような映画スタイルだが、面白可笑しいストーリーにグイグイ引き込まれる。
 サトエリが性悪女を演じているが、悪女が似合う永作博美がイイ人を演じているのが興味深い。

| | コメント (0) | トラックバック (8)
|

開館記念展「水と生きる」@サントリー美術館

Photo_7 今年の3月末に六本木の新名所「東京ミッドタウン」に移転した「サントリー美術館」に行ってきた。
 この美術館は以前は「赤坂見附」の東京サントリービル内にあり、4年前に1度行ったことがある。新美術館は「東京ミッドタウン」のガレリア3階に入口があり、4階と3階が展示室になっている。
 これで“六本木アートトライアングル”(森美術館、国立新美術館、サントリー美術館)をとりあえず制覇。
現在の展示は開館記念展Ⅱ「水と生きる」で、同美術館所蔵品から「水」をテーマにして選んだ屏風、浮世絵、ガラス工芸等の日本美術の名品を紹介している。
 館内は落ちついた雰囲気があるが、美術に関心がなさそうな観光客が多いのが残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »