« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

「東海道五十三次のすべて」@貨幣資料館

 安藤広重の代表作である東海道五十三次の版画(保永堂版)が一挙公開される特別展「保永堂版・東海道五十三次のすべて」を観に三菱東京UFJ銀行・貨幣資料館(名古屋市中区、入場無料)に行った。貨幣資料館は旧東海銀行時代からあったが、開館が平日午後4時までのため、今まで行ったことがなく、今回が初めて。
 子供の頃に東海道五十三次シリーズの東海銀行のマッチ箱を集めていたが、東海道五十三次の版画は今までいろいろな展覧会等でバラバラに見たことはあっても、始点の日本橋から終点の京都までの全55枚を一度に見たことはなかった。全体を通して観ると景色より各地での人々の様子が生き生きと描かれている。急な雨で人々が街道を急ぐ「庄野」が特にイイ。
 通常の貨幣関係の展示も大判、小判の金貨を始め国内外の貨幣が数多く集められており、結構興味深かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「見返り美人図」@東京国立博物館

 東京国立博物館の目玉のひとつでありながら、一度も観たことがなかった菱川師宣の「見返り美人図」が久しぶりに展示されたので早速、観に行った。
 この絵は本館2階の10室「浮世絵と衣装」でガラスの中に展示してあり、思ったより小さいが、赤い着物がとても色鮮やか。ずっと待っていたので、やっと対面できて感激した。帰りにこの絵の絵葉書とマグネットを購入した。
 この絵は切手でとても有名であるが、重要文化財にも指定されていないのはなぜだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

中日VS阪神@ナゴヤドーム(2007年)

Doom070824_2 8月24日夜、誘われて中日VS阪神戦を観戦にナゴヤドーム(今シーズン3回目)に出かけた。席は1累側のA指定席、ボールボーイの後ろあたりの位置。
 試合は、ドラゴンズが1回にタイガーズ・下柳から4点先取し、8対1で大勝(勝利投手は朝倉)した。久しぶりにのんびりと楽勝を堪能して大満足。立浪が1000打点達成!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

映画「ファンタスティック・フォー~銀河の危機」

 映画「ファンタスティック・フォー~銀河の危機」の試写会に出かけた。
 名作アメコミ「ファンタスティック・フォー」の映画化第2弾。今回は宇宙からの使者・シルバーサーファーが敵になり、最新のVFXを駆使したスピード感溢れる映像が売りである。
 2年前の第1弾が結構面白かったので楽しみにしていたが、今回は軽快なノリにやや欠け、ストーリー的に深みがあまり無い。ジュシカ・アルパ演じる“スー”のお色気のある”透明化”がほとんど無いのがとても残念。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

本田美奈子記念碑

 Photo
東京出張帰りに7月末に完成した故本田美奈子さんの記念碑(モニュメント)を見に朝霞駅(東武東上線)に出かけた。
 朝霞駅南口駅前のロータリー広場に碑があるが、駅からは後ろ向きに建てられており、やや見つけにくい。東京に計9年住んでいたが、朝霞市に行ったのは初めて(結構遠い!)
 記念碑は1.5m程の高さで表は石碑になっており、裏は歌が鳴る構造のため、金属製になっている。上部プレートの左側に美奈子さんが病床で書いた「笑顔」の詩、右側に略歴の紹介。下部左側に自筆の「ありがとう。心を込めて…」のメッセージが彫りこんである。左の金属製ポール上部スイッチを押すと「アメイジング・グレイス」の歌が鳴る。
 記念碑を見て、彼女が亡くなったことを実感し、これで一ファンとして一区切りがついた気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

中国料理「花梨」@ホテルグランコート名古屋

 私のホーム・ホテルである「ホテルグランコート名古屋」(名古屋市金山駅南口)の中国料理レストラン「花梨」に出かけた。「花梨」は本当に久しぶりだが、開業当時から料理長が替わっていないので、味が変わっていなかったことに安心した。ちなみに私は「花梨」の杏仁豆腐の大ファンである。
帰宅後、アサヒビールの『夢×挑戦ブログ』へのTBによる当選の缶ビールが送られてきた。ブログを続けているとたまには良いこともあるもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

映画「夕凪の街 桜の国」

 映画宣伝で大いに期待していた映画「夕凪の街 桜の国」を名演小劇場で観てきた。広島原爆がテーマの“こうの史代”のマンガの映画化。
 前半は、原爆投下後13年後の広島を舞台に原爆の影響に苦しむ“麻生久美子”演じる皆実を描いた「夕凪の街」、後半は現代の関東を舞台に老父を追って広島へやってきた“田中麗奈”演じる皆実の姪・七波が家族の過去を振り返る「桜の国」で構成され、前半と後半のストーリーが交錯していく。
 七波に“中越典子”演じる幼馴染・東子が広島まで付いてくるは最初は不自然だったが、その理由も明かされる。
涙溢れ、心にしみる秀作で、女優陣の麻生久美子も田中麗奈も中越典子もとっても良かった。私には今年の映画の暫定1位の映画である。(☆☆)

| | コメント (0) | トラックバック (6)
|

平泉・花巻旅行

Photo_2 8月5~6日、ずっと前から訪れたいと思っていた中尊寺・金色堂を観に平泉・花巻へ旅行した。岩手県は初訪問となる。  初日は中部空港から花巻空港を経て、JR東北本線で平泉に行き、「中尊寺」と「毛越寺」を訪れた。中尊寺の金色堂は豪華でキンピカだかガラス越しにしか観れないのは仕方ないけど少し残念。
 翌日は花巻に戻り、「宮沢賢治記念館」「宮沢賢治イーハートーブ館」を訪れたが、両館を繋ぐルートにある花園がとても綺麗だった。(☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

映画「魔笛」

 遅れて名古屋地区で公開された映画「魔笛」を観に久しぶりに「名演小劇場」に出かけた。この映画はモーツァルトの名作オペラを映像化したもので、主人公“タミーノ”を第一次世界大戦の兵士として描いている。
 序曲からフィナーレまで全22曲が演奏され、壮大な映像美が堪能できる。“夜の女王”が戦車に乗って登場したり、コルラトゥーラを歌うシーンで空を飛び回るのは凄い!でも、やはり観念的なストーリーは判り難い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »