« 「見返り美人図」@東京国立博物館 | トップページ | のだめカンタービレの音楽会@愛知県芸術劇場(2007年) »

「東海道五十三次のすべて」@貨幣資料館

 安藤広重の代表作である東海道五十三次の版画(保永堂版)が一挙公開される特別展「保永堂版・東海道五十三次のすべて」を観に三菱東京UFJ銀行・貨幣資料館(名古屋市中区、入場無料)に行った。貨幣資料館は旧東海銀行時代からあったが、開館が平日午後4時までのため、今まで行ったことがなく、今回が初めて。
 子供の頃に東海道五十三次シリーズの東海銀行のマッチ箱を集めていたが、東海道五十三次の版画は今までいろいろな展覧会等でバラバラに見たことはあっても、始点の日本橋から終点の京都までの全55枚を一度に見たことはなかった。全体を通して観ると景色より各地での人々の様子が生き生きと描かれている。急な雨で人々が街道を急ぐ「庄野」が特にイイ。
 通常の貨幣関係の展示も大判、小判の金貨を始め国内外の貨幣が数多く集められており、結構興味深かった。

|
|

« 「見返り美人図」@東京国立博物館 | トップページ | のだめカンタービレの音楽会@愛知県芸術劇場(2007年) »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85605/16302272

この記事へのトラックバック一覧です: 「東海道五十三次のすべて」@貨幣資料館:

« 「見返り美人図」@東京国立博物館 | トップページ | のだめカンタービレの音楽会@愛知県芸術劇場(2007年) »