« 映画「シルク」 | トップページ | 瀬戸内寂聴講演会@同朋大(名古屋市) »

映画「いのちの食べ方」

 会社の帰りに評判になっている映画「いのちの食べ方」を観るために「名古屋シネマテーク」(名古屋市千種区今池のミニシアター、結構わかり難い場所にある)に行った。
 この映画は私たちの食べ物はどのように生産されるかを描いたドキュメンタリーで、ナレーションも音楽も全くなく、ヨーロッパ各地の肉や野菜等の大規模食品生産現場での生産過程をたんたんと追っている。
 映像的には美しいが、鳥、牛、豚などが物のように扱われている映像は印象的で、特に牛の屠撮や解体シーンは強烈なインパクトを受けた。また、岩塩をあんなに深い所で採取しているのに大いに驚いた。
 観た後に肉が食べれなくなることは無いが、私たちが日頃何気なく口にする“食べ物”について、いろいろ考えさせられた。

|
|

« 映画「シルク」 | トップページ | 瀬戸内寂聴講演会@同朋大(名古屋市) »

映画(洋画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85605/17291451

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「いのちの食べ方」:

« 映画「シルク」 | トップページ | 瀬戸内寂聴講演会@同朋大(名古屋市) »