« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

ミュージカル「ルドルフ」@帝国劇場

 5月27日夜、ミュージカル「ルドルフ~ザ・ラスト・キス」を観に帝国劇場に出かけた。帝劇は05年3月のレミゼ以来3回目、今回の席は1階の真中あたり。
 19世紀末のオーストリア帝国の皇太子ルドルフ(Rudolf)の愛と死を描くヨーロッパ発の新作ミュージカル(ルドルフはエリザベートの息子で、本作品は実話の「マイヤーリンク事件」に基づいている)で、宮本亜門(07年12月の「テイク・フライト」以来)が演出している主役のルドルフをミュージカル界のプリンス・井上芳雄が演じているため、観客は若い女性がとても多い。井上は06年3月の「アンナ・カレーニナ」以来5回目。プリンスがプリンスを演じているのでとても似合っている。
 そのルドルフと恋に陥る男爵令嬢マリーを注目の笹本玲奈が演じている。笹本は07年12月の「ウーマン・イン・ホワイト」での素晴らしい演技に注目してから、今年3月の「ベガーズ・オペラ」に続き3回目であるが、今回は恋に生きる可憐な若く美しい令嬢を情感あふれる表現力で演じており、とても素晴らしかった。《“笹本玲奈クロニクル”参照》
 また、ルドルフと不仲の妻ステファニーを知念里奈(05年3月の「レミゼ」のコゼット以来)、マリーに恋の手ほどきをするラリッシュ伯爵夫人を香寿たつき、ルドルフと対立するオーストリア首相ターフェを岡幸二郎が演じており、それぞれの見せ場の熱唱はとても良かった。
 演出も“額縁”を効果的に使って面白いし、駅の演出はとても雰囲気があって良かった。
 また、今回の舞台の歴史的背景である第一次大戦前のオーストリアやハプスブルグ家について、世界史の教科書程度の知識しかなかったが、今回、とても興味が沸いたので、いろいろ調べてみたい。
 なお、8月に観に行くエリザベート」(中日劇場)にもルドルフが登場するのがとても興味深い。(今回のルドルフ役は井上芳雄でなく浦井健治
今回は最終の新幹線で帰名したので結構疲れた。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

5万アクセス!

 5万アクセスになりました。happy01
 この数ヶ月でアクセスが多いのは、映画「それでもボクはやってない」映画「ラスト コーション」名古屋フィギュアスケート・フェスティバルミュージカル「SENPO」@名鉄ホール“高嶋ちさ子と12人のヴァイオリニスト”コンサートなどです。
 本田美奈子さんの入院後に彼女の復帰を応援するために始めたブログですが、本田美奈子さんが亡くなってからも、『忘備録的な私的ブログ』として、細々とイベント関連の記事をアップして、3年弱でとうとう5万アクセスに至りました。
今後の主な予定は以下のとおりです。
<7月>
 一青窈コンサート <愛知県芸術劇場>ticket
<8月>
 ミュージカル「エリザベート」 (涼風真世 他) <中日劇場>ticket

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

映画「山のあなた~徳市の恋」

 映画「山のあなた~徳市の恋」の試写会に行った。この映画は1938年の映画「按摩と女」(清水宏監督)のカラー完全カバー作品。リメイク作品は昨今多いが、カバー作品は本当に珍しい。約1時間半と短いためか、今回は料金が1,000円となっている。
 昭和初期の山の温泉を舞台に盲目の按摩・徳市の淡い恋を描くストーリーで、主演の徳市を草彅剛が好演している。相手役のヒロインはモデル出身のマイコ、その他に堤真一三浦友和加瀬亮らが出演している。
 ストーリーは淡々と進み、特に感動とかはないが、カメラワークがとても新鮮に感じられるし、新緑や渓谷の自然の風景や湯けむり溢れる鄙びた温泉街の風情がとても癒される。あんな湯けむりの温泉街に行ってみたい。(現実にはないかな)
 観た後にマッサージ(按摩)を受けたくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (14)
|

ドイツ・ケルン出張

Photo 5月6日~11日、半年ぶりの海外出張でドイツのケルンに出かけた。ヨーロッパは約5年半振りだが、ドイツは乗継ぎ以外では初めての訪問。
 中部空港airplaneからフランクフルト空港を経て、特急列車(IC)trainで約1時間で“メッセ都市”として有名であるケルンに到着した。
ケルン中央駅前には街のシンボルである“世界遺産”の『ケルン大聖堂』(写真)が威容を誇っている。この建物は滞在中に何度も訪れたが、本当に素晴らしい。scissors
 当地は結構暑かったが、“サマータイム”のために夜8時でも明るく、夕涼みに屋外のテラスで飲むビールbeer(小ぶりのコップで飲む地ビール「ケルシュ」が有名)や旬のホワイト・アスパラガスや生ハムがとても美味しかった。(特にホワイト・アスパラガスのスープは絶品!)また、ケルンは「オーデコロン」のルーツの街であり、有名な『4711』のコロンを土産に購入した。
 ヨーロッパは魅力的な所が多いけど、約12時間のフライトは結構しんどいな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

モディリアーニ展@名古屋市美術館

 「アメデオ・モディリアーニ展」を観に名古屋市美術館に出かけた。
東京の国立新美術館でもモディリアーニ展をやっているが、それと内容が異なり、当展は名古屋市美術館開館20周年記念として、同美術館の目玉「おさげ髪の少女」を中心に、「母と子」(ポンピドゥーセンター)、「横たわる裸婦」(ニューヨーク近代美術館)、「ジャンヌ・エビュテルヌの肖像」(大原美術館)、「坐る裸婦」(アントワープ王立美術館)など国内外の美術館や個人が所蔵するモディリアーニの油彩、素描等を展示している。
モディリアーニといえば、独特の目、鼻、首を持つ人物画で有名であるが、今回は特に印象に残った作品が無かったのが残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

映画「隠し砦の三悪人」

 映画「隠し砦の三悪人~The Last Princess」の試写会に出かけた。movie
黒澤監督作品のリメイク版で、戦国時代を舞台に“姫と黄金を守る脱出劇”を描く冒険活劇。主役の“武蔵”は「嵐」の松本潤、ヒロインの“雪姫”は長澤まさみ、姫を守るサムライ“六郎太”は阿部寛、武蔵の相棒“新八”は宮川大輔、彼らを追う“鷹山刑部”は椎名桔平が演じている。
 ストーリー展開は面白いが、何となく古臭い感じがするし、最後の脱出シーンはイマイチ納得できないな。

| | コメント (0) | トラックバック (5)
|

竜吟の滝@岐阜県

Photo 急に滝が見たくなって、岐阜県瑞浪市の“竜吟の滝”に出かけた。JR中央線の釜戸駅から15分程度歩き、比較的整備された遊歩道を登ると大きめの「一の滝」(写真)から始まり、人工湖「竜吟湖」までに大小7つ?の滝がある。
 最近、心身共にかなり疲れているので、新緑の中の“マイナス・イオン”溢れる滝にちょっと癒された。帰りに瑞浪駅の近くの天然温泉“たかさごの湯”にも立寄った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »