« 映画「アフタースクール」 | トップページ | 池上彰氏講演会 »

映画「ぐるりのこと。」

 予告編に魅かれて、映画「ぐるりのこと。」を観に行った。
リリー・フランキーが演じるひょうひょうとした法廷画家カナオと木村多江演じる小さな出版社で働くきまじめな翔子の夫婦が子供の死、心の病、家族との軋轢等のさまざまな苦しみを一緒に乗り越えていく10年にわたる夫婦愛を描く心温まるストーリー。ところどころに法廷画家・カナオが裁判所で目にする90年代のさまざまな事件を織り込んでいる。
 法廷画家の絵は新聞やテレビでよく目にするが、その法廷画家の生態も描いており、とても興味深い。
 薄幸の女性役が似合う木村は絵を描くことで自分を取り戻していく場面の顔はとてもいい雰囲気を出しているし、イラストレーターのリリーも女好きの貧乏画家の役がとっても似合っており、大人の優しい心を持つ夫を好演している。
 結構ドロドロした場面が多いが、笑いも随所にある。特に「手が小さい男のほうが良い理由」は思わず爆笑した。間違いなく今年の邦画の中で印象に残る佳作だ。

|
|

« 映画「アフタースクール」 | トップページ | 池上彰氏講演会 »

映画(邦画)」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

今日「ぐるりのこと」を観てきました。
夫婦が絆を確かめ合うシーンに感動しました。

実際に母が今、空の巣症候群という症状で木村さんが演じていた女性のような状態になっています。

自分では感情をどうやってもコントロールできなくて、身近な人に自分の必要性を求めています。

そういうこともあり、
このシーンでは、母のことを思い、泣いてしまいました。

トラックバックさせていただきました。
ありがとうございます。

投稿: mai | 2008年6月29日 (日) 00:00

maiさん、コメント&トラバありがとうございます。
この映画はいろいろと考えさせられるシーンがたくさんありましたね。
 

投稿: 管理人(ぐらん)→maiさん | 2008年6月29日 (日) 07:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85605/41643412

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ぐるりのこと。」:

» 木村多江とリリー・フランキーの「ぐるりのこと。」を観た! [とんとん・にっき]
木村多江とリリー・フランキーの映画「ぐるりのこと。」を観ました。悲しみから心を病み、やがてそこから力強く再生していく妻・翔子を演じるのは木村多江です。そして、何があっても妻をやさしく受けとめる夫・カナオを演じるのはリリー・フランキーです。それぞれ映画... [続きを読む]

受信: 2008年6月25日 (水) 18:09

» ぐるりのこと。 63点(100点満点中) [(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)]
「クモ見たら殺しとけよ」 公式サイト 同性愛者に代表されるマイノリティを描く事が多かった、橋口亮輔監督の最新作。ブランクの間に鬱病になり、それを克服した自身の経験を元に、本作は作られているそうだ。 どちらか一つだけでも一本の映画として成立するであろう....... [続きを読む]

受信: 2008年6月25日 (水) 19:00

» ぐるりのこと。/木村多江、リリー・フランキー [カノンな日々]
リリー・フランキーさんに芝居なんて出来るの?と思いつつけっこう楽しみにしていた映画です。早く観たいと思いつつチネチッタでの公開日をずっと待っていました。数々のヒットドラマで脇役ながらも重要な役どころを演じることが多かった木村多江さんの初主演も楽しみな作品....... [続きを読む]

受信: 2008年6月25日 (水) 23:48

» 「ぐるりのこと。」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「ぐるりのこと。」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:木村多江、リリー・フランキー、倍賞美津子、寺島進、安藤玉恵、八嶋智人、寺田農、柄本明、木村祐一、斎藤洋介、温水洋一、峯村リエ、山中崇、加瀬亮、光石研、田辺誠一、横山めぐみ、..... [続きを読む]

受信: 2008年6月26日 (木) 05:35

» ☆「ぐるりのこと。」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今月は試写会づいてるひらりん。 先週に引き続き、今週の平日休みもヤクルトホールにて試写会。 実は来週も予定が・・・。 近くのシネコンで映画観てたほうが空いてて楽なのにーーーー。... [続きを読む]

受信: 2008年6月27日 (金) 00:14

» 「ぐるりのこと。」映画館レビュー 完敗 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
あっやばい良い!と思ったシーンを思い出そうとしたが、忘れてしまったようだ。もう一度観たい、もう一度会いたい、とはこういうことで、理屈じゃなく「好き」ということが確実だから、もっといっしょにいたいと思うんだろう。... [続きを読む]

受信: 2008年6月28日 (土) 20:23

» 映画「ぐるりのこと」 リリーフランキー・木村多江 [元リッチOLの愛知でニートだっちゃ.com]
今日友達と気になっていた映画、 「ぐるりのこと」 を観てきました。 雑誌であらすじは読んでいたけれど、すでに忘れてて、新たな気持ちで観ることができました。リリーフランキーさんと木村多江さん主演。リリーフランキーさん演じる夫は、はっきりいってダメ男。定職にも付かず、フラフラしてる。木村多江さん演じる妻は、子供を亡くしてから、精神的に不安定になる。逃げるのは簡単。離れるのは簡単。でも夫はそんな妻から逃げない。妻は夫に言う。「どうして……どうして私と一緒にいるの?」大暴れして、おお泣きして、そう... [続きを読む]

受信: 2008年6月28日 (土) 23:59

» ぐるりのこと [eclipse的な独り言 ]
 邦画はさほど観ていませんが、本年度NO.1かなあ・・・・本当、結婚生活について [続きを読む]

受信: 2008年6月30日 (月) 19:49

» 「ぐるりのこと。」 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ぐるりのこと。」□監督・原作・脚本・編集 橋口亮輔 □キャスト 木村多江、リリー・フランキー、倍賞美津子、寺島進、安藤玉恵、八嶋智人、寺田農、柄本明■鑑賞日 6月21日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 夫婦のことは夫婦にしかわからない。 傍から見ていてどんな仲の良い夫婦でも、実際に本当に仲が良いどうかなんて他人が何で図れるものだろうか。 夫婦の姿が見えているかと言うと決してそうではない。 橋口監督はその見えない部分の夫婦... [続きを読む]

受信: 2008年7月 1日 (火) 12:41

» 【2008-151】ぐるりのこと。 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 時代が激変した 90年代初頭 悲しみは心の闇を広げていく 希望はどこにあるのだろう これは ある夫婦の10年の物語 そして 今を生きる私たちの物語 めんどうくさいけど、いとおしい。 いろいろあるけど、一緒にいた....... [続きを読む]

受信: 2008年7月 6日 (日) 22:32

» 『ぐるりのこと。』 [音次郎の夏炉冬扇]
妻子がTDLの25周年アニバーサリーに逝ってしまったので、ワタシの方は心おきなく銀座にて映画館のはしごを致しました。先にレビューした「歩いても 歩いても」と「ぐるりのこと。」はいくつかの共通点があります。... [続きを読む]

受信: 2008年7月 6日 (日) 23:38

« 映画「アフタースクール」 | トップページ | 池上彰氏講演会 »