« 映画「崖の上のポニョ」 | トップページ | 映画「受験のシンデレラ」 »

映画「二十世紀少年」

 映画「二十世紀少年」の試写会に出かけた。浦沢直樹のコミックス(この作品は読んでいない)が原作でシリーズ3部作の第1作。今回の第1作は、登場人物も多く導入部が長いせいか、結末はあっさり終わり、謎を多く残したままで次回作へ続く。(次回作は来年1月公開予定)
 出演はケンジ役が唐沢寿明、オッチョ役が豊川悦司、ユキジ役は常盤貴子等の多彩な顔ぶれで、端役も著名人が多数出演している。
 大阪万博前の少年時代のシーンでは、当時流行ったフレームのギア、リア点滅シグナル付の自転車が出て、とても懐かしかった。でも少年らの服装は少し古いのでないかな。

|
|

« 映画「崖の上のポニョ」 | トップページ | 映画「受験のシンデレラ」 »

映画(邦画)」カテゴリの記事

コメント

映画「二十世紀少年」観覧に行かれたのですね

私は原作を全巻読みました。(もちろん【ともだち】が誰なのかも知ってます。)
浦沢さんのお話はどれを読んでも面白いのですよ。

私も見に行こうかとも思ったのですが3部作との事なので、まぁいいかなぁと思い今回は見送る事にしました。(来月の「パコと魔法の絵本」は観覧予定です)

投稿: 那伽 | 2008年8月26日 (火) 22:36

那伽さんは原作を読んだのですね。私も読もうかな。
「ともだち」がとても気になります。

私は映画「パコと魔法の絵本」の原作演劇である「MIDSUMMER CAROL~ガマ王子vsザリガニ魔人」(新妻聖子ちゃんが出ています)を観ました。
とてもハートウォーミングなお話です。

コメントありがとうございました。

投稿: 管理人(ぐらん)→那伽さん | 2008年8月27日 (水) 21:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85605/42187911

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「二十世紀少年」:

» 『20世紀少年』 (2008) / 日本 [NiceOne!!]
監督:堤幸彦原作:浦沢直樹出演:唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、石塚英彦、宇梶剛士、宮迫博之、生瀬勝久、小日向文世、佐々木蔵之介、石橋蓮司、中村嘉葎雄、黒木瞳試写会場 : よみうりホール公式サイトはこちら。<Story>ロックスターを目指してい...... [続きを読む]

受信: 2008年8月27日 (水) 20:57

» 20世紀少年 [Akira's VOICE]
同級生の縁を大切にしよう!   [続きを読む]

受信: 2008年8月31日 (日) 10:58

» 【20世紀少年 第1章】 [じゅずじの旦那]
「じゅ〜ず〜じくん、あそびましょ」[:ラブ:] 「はい」[:ときめき:] ということで、昨日「終わりの始まり」初日行ってきました [:カチンコ:]   まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:] 【あらすじ】 1969年の夏、小学生のケンヂは、仲間たちとともに秘密基地で「よげんの書」を作った。そこには悪の組織や巨大ロボットの出現、人類滅亡、そして正義のヒーローの存在など、空想の出来事が記されていた。しかし1997年、大人になっ... [続きを読む]

受信: 2008年8月31日 (日) 14:35

» 20世紀少年 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
世界が終ろうとしています。ぼくらの“ともだち”によって__。 浦沢直樹の同名人気コミックを全3部作で映画化する第1部。監督は「トリック」「明日の記憶」の堤幸彦。 物語:1969年、翌年に大阪万博を控え、人類が初めて月に降り立った年。日本中が輝く未来に胸を....... [続きを読む]

受信: 2008年9月 1日 (月) 00:47

» 20世紀少年 を観たゾ [ヤジャの奇妙な独り言]
エンドロールが終わるまで席を立たないように 浦沢直樹原作 「20世紀少年」の第1章を観まし [続きを読む]

受信: 2008年9月 1日 (月) 16:43

» 映画『20世紀少年』 [オタマ・レベルアップ]
映画『20世紀少年』を見てきたよぉ~ メディア 映画 製作国 日本 公開情報 劇場公開(東宝) 初公開年月 2008/08/30 ジャンル ドラマ/アドベンチャー/サスペンス 解説・・・ 『YAWARA!』『MONSTER』の人気マンガ家・浦沢...... [続きを読む]

受信: 2008年9月 1日 (月) 17:43

» 映画『20世紀少年‐第1章‐』 [闘争と逃走の道程]
映画「20世紀少年」オリジナル・サウンドトラックサントラ Sony Music Direct(Japan)Inc.(SME)(M) 2008-08-20売り上げランキング : 618おすすめ平均 Amazonで詳し... [続きを読む]

受信: 2008年9月 1日 (月) 20:33

» 『20世紀少年』2008・9・6に観ました [映画と秋葉原と日記]
『20世紀少年』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ コンビニを経営するケンジは、同窓会に久し振りに出席して当時の仲間達と、小学生時代の1969年の頃に秘密基地を作り、悪の組織、世界征服、人類滅亡計画、それを阻止する正義の味方など空想・妄想の頃を... [続きを読む]

受信: 2008年9月 2日 (火) 14:10

» 20世紀少年 (唐沢寿明さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆唐沢寿明さん(のつもり)唐沢寿明さんは、現在公開中の映画『20世紀少年』に主人公・ケンヂ(遠藤健児)役で出演しています。昨日はいわゆる映画の日で、1000円で鑑賞できるということもあって、久しぶりに劇場に足を運びました。... [続きを読む]

受信: 2008年9月 2日 (火) 20:00

» 20世紀少年 [象のロケット]
ロックスターになる夢を諦め、コンビニ経営をしているケンジは、最近巷で騒がれているあやしい事件の内容が、子供の頃に仲間たちと作った「よげんの書」とそっくりであることを知り驚愕する。 そして謎の教団で「ともだち」と呼ばれている教祖が、事件と関係しているのではないかと疑う…。  元同級生たちが世界の危機を救うために立ち上がる! 壮大な群像ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2008年9月 2日 (火) 22:07

» 映画vol.157『20世紀少年』*試08-11 [Cold in Summer]
監督: 出演:唐沢寿明  製作:公式HP 先日、『20世紀少年』の試写会に行ってきました。 残念ながら原作未読なので、「真っ白なこころ」で鑑賞。 あちこちで言われている通り、主人公の「ケンジ」は原作とは似てませんね( ´∀`....... [続きを読む]

受信: 2008年9月 3日 (水) 13:02

» 映画「20世紀少年」 [FREE TIME]
話題の映画「20世紀少年」を鑑賞して来ました。 [続きを読む]

受信: 2008年9月 6日 (土) 23:52

» 【映画】20世紀少年 第1章 [新!やさぐれ日記]
■動機 ラストがみたいだけ。 ■感想 ラストがみたいだけ。 ■満足度 ------- おいとき ■あらすじ 翌年に大阪万博開催を控え、人類が初めて月に降り立った1969年の夏、小学生のケンヂは、同級生の仲間たちと空き地の原っぱに秘密基地を作った。そんな彼らの秘密の遊びの一つである“よげんの書”には、悪の組織、世界征服、人類滅亡計画、それを阻止する正義の味方など空想の数々が描かれ、彼らをワクワクさせるのだった。 ■コメント 感想と言ってもどこから手をつけて言いか全く分からないのが... [続きを読む]

受信: 2008年9月 7日 (日) 23:34

» ★「20世紀少年」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みも、平日は駐車場無料の「ららぽーと横浜」のTOHOシネマズさんへ。 6000マイレージの一ヶ月無料パス狙いで、本日も2本鑑賞。 その2本目。 [続きを読む]

受信: 2008年9月11日 (木) 02:44

» 20世紀少年第1一章 2008-50 [観たよ〜ん〜]
「20世紀少年第1一章」を観てきました〜♪ 1969年、小学生のケンヂは原っぱに仲間と秘密基地を作り、基地の中で『よげんの書』と称した物語を作って遊んでいた。1996年、大人になったケンヂ新興宗教の教祖”ともだち”が語る予言が、自分たちが書いた『よげんの書』とそっくりだという事に気がつく・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、『よげん』が当るかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします〜♪ ... [続きを読む]

受信: 2008年9月11日 (木) 06:28

» 20世紀少年 [ネタバレ映画館]
王様おにぎりを食べてみたかったのに・・・ [続きを読む]

受信: 2008年9月12日 (金) 01:46

» 20世紀少年 第1章&コード・ブルー&スレイヤーズ [別館ヒガシ日記]
20世紀少年 第1章は劇場で4日(木)の9時半から鑑賞して 結論は少し不満ありも原作&ウィキペディアを読まず我慢し 来年1月末に第2章が公開されるから絶対に鑑賞するよ 内容は主人公のケンジが子供の時に書いた「予言の書」と 「ともだち」と言うカルト教団が同... [続きを読む]

受信: 2008年9月12日 (金) 20:51

» 【2008-203】本格科学冒険映画 20世紀少年 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 待望の実写映画化! 全3部作の第1章、降臨。 世界が 終わろうとしています。 ぼくらの “ともだち”によって──。 [続きを読む]

受信: 2008年9月19日 (金) 23:00

» 20世紀少年 [利用価値のない日々の雑学]
待望の鑑賞である。先週ま三連休も含め、自宅近くのシネコンは映画作品の各シアターへの振り分けが大変下手だ。1000名入る会場から小さいのは150名程度だが、兎に角前すら思っていたが割り振りが下手過ぎる。確かに住宅街にあり、また駅前にありというところで色々な鑑賞者の種類があるものの、だからシネコンなのであって、例えば、最新の興行ランキングなんか全く無視をしている。だから先週は「おくりびと」と 「パコ」は各回共売り切れ、「ポニョ」なんて未だに2スクリーン、しかも大きな会場を同時でやってて、片方はガラガ... [続きを読む]

受信: 2008年9月21日 (日) 15:53

» 「20世紀少年」 [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
「目が腐ってしまう様な、と言うより不愉快を通り越して、失ってしまった時間を取り戻す為に、裁判にでも掛けたい気持ち。」映画評論家でも在るおすぎ氏が、映画「20世紀少年」に付いて記した文章だ。時には的を射た指摘も在るが、彼が「泣きました!」とか「感動しました!」と絶賛する作品は概して良いと思った事が無い。レギュラー出演している「森田一義アワー 笑っていいとも!」ではタモリ氏のワンパターンな芸風に対し、「もータモちゃん、面白いんだから〜。」と阿る姿を散々見ているので、映画でも「何等かの思惑が在っての評論で... [続きを読む]

受信: 2008年9月23日 (火) 18:36

« 映画「崖の上のポニョ」 | トップページ | 映画「受験のシンデレラ」 »