« 「巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡」展@国立新美術館 | トップページ | 錦織健「オペラ講座」@愛知県芸術劇場 »

大名古屋らくご祭「六人の会」@御園座(2008年)

 11月23日昼、苦労してチケットをゲットした“大名古屋らくご祭”「六人の会」に御園座に出かけた。
立川志の輔春風亭小朝笑福亭鶴瓶林家正蔵柳家花緑春風亭昇太といった著名落語家6人の豪華競演の落語会で、志の輔は12回目、小朝は2回目であるが、他の4人は初めてである。
 前半は昇太が笑点の“結婚できないキャラ”をマクラに「時そば」、正蔵(こぶ平時代に名古屋のローカル番組「天才クイズ」で司会をやっていた)は「悋気の独楽」、小朝は芝居好きの息子と小僧が芝居の真似をする「七段目」を演じ、後半は花緑が閉め出された息子がおじさんの家に泊まりに行く「宮戸川」、鶴瓶が高校時代の老先生を題材にした私落語「青木先生」、志の輔がねずみ小僧次郎吉の人情噺「しじみ売り」を演じた。
 志の輔の得意の人情噺も良かったが、今回は鶴瓶の噺が一番笑い、最後はほろりとさせられて、とても面白かった。

|
|

« 「巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡」展@国立新美術館 | トップページ | 錦織健「オペラ講座」@愛知県芸術劇場 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85605/42944277

この記事へのトラックバック一覧です: 大名古屋らくご祭「六人の会」@御園座(2008年):

« 「巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡」展@国立新美術館 | トップページ | 錦織健「オペラ講座」@愛知県芸術劇場 »