« アウシュビッツ強制収容所@ポーランド | トップページ | 笹本玲奈 Show“Jewel”@天王洲銀河劇場 »

ミュージカルソング&映画音楽コンサート@中京大文化市民会館

 12月18日夜、「ミュージカルソング&映画音楽コンサート」に中京大文化市民会館オーロラホールに出かけた。出演はミュージカル俳優の岡幸二郎シルビア・グラブで、演奏は藤野浩一指揮によるセントラル愛知交響楽団。(岡は「ルドルフ」(2008年5月)以来、シルビアは「THE LIGHT IN THE PIAZZA」(2007年12月)以来)
 前半は、映画音楽で「タイタニック」、「ニュー・シネマ・パラダイス」等の曲をオケ演奏したが、「80日間世界一周」をフルオケで聴くととても優雅な気分になり、海外旅行へ行きたくなってくる。
 後半は、ミュージカル音楽で、オケ演奏をバックに、シルビアが「キャバレー」、『レ・ミゼラブル』の「On My Own」を英語で歌い、岡幸二郎が『オペラ座の怪人』の「Music Of The Night」等を日本語で熱唱し、シルビア&岡幸二郎のデュエットで『王様と私』の「I Have Dreamed」を英語で、『ミス・サイゴン』の「The Last Night Of the Worldを日本語で歌い、アンコールでデュエットで「美女と野獣」を英語で歌った。
 シルビアは『レ・ミゼ』では、“ファンティーヌ”が定番だが、英語でしっとり歌う「On My Own」もとても味わい深かった。また、二人とも別の役で出演する『ミス・サイゴン』での「The Last Night Of the World」のデュエットも、本田美奈子、新妻聖子、笹本玲奈、井上芳雄らの若々しい歌唱のイメージが強いが、ロートル(失礼!)の二人の歌も異色でとても良かった。岡幸二郎の「Music Of The Night」もとてもスケールの大きい歌唱で圧倒された。
ミュージカルファンにとってはとても興味深い一夜であった。

|
|

« アウシュビッツ強制収容所@ポーランド | トップページ | 笹本玲奈 Show“Jewel”@天王洲銀河劇場 »

コンサート・ライブ(ミュージカル系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85605/43266332

この記事へのトラックバック一覧です: ミュージカルソング&映画音楽コンサート@中京大文化市民会館:

« アウシュビッツ強制収容所@ポーランド | トップページ | 笹本玲奈 Show“Jewel”@天王洲銀河劇場 »