« 志の輔落語@アートピアホール(2009年4月) | トップページ | 寺井尚子ライブ@八事ハウジング (2009年) »

小説「排出権商人」

 黒木亮の連載小説「排出権商人」を興味深く読んでいる。金融誌「金融財政事情」に連載中で、日本のエンジニアリング会社(日揮?)に勤める中年のキャリア・ウーマン(一橋大学社会学部卒業?)が、排出権ビジネスに取組むストーリーだが、国連のCDM理事会での各国の駆け引きやいろいろなCDMプロジェクトの実態やシンガポールやケルンでの「カーボン・エキスポ」の様子も描いている。
 著者はロンドン在住で銀行や商社勤務経験があり、相当の取材をしており、内容がとても生々しい。特に中国・浙江省のフロン分解CDMプロジェクト(丸紅、日揮、大旺建設によるJMDの巨化プロジェクト?)に関する記載はリアル!(総合商社「紅丸」がどこかは一目瞭然)
【追記】
 連載終了後、同名で講談社から出版されました。(9年11月)

|
|

« 志の輔落語@アートピアホール(2009年4月) | トップページ | 寺井尚子ライブ@八事ハウジング (2009年) »

テレビ・本など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85605/44832460

この記事へのトラックバック一覧です: 小説「排出権商人」:

« 志の輔落語@アートピアホール(2009年4月) | トップページ | 寺井尚子ライブ@八事ハウジング (2009年) »