« 飯田史彦・朗読劇&コンサート@テレピアホール | トップページ | 中国出張その7(江蘇省) »

映画「ハゲタカ」

 6月14日、映画「ハゲタカ」を観た。“ハゲタカ・ファンド”をテーマした2007年のNHKドラマの映画化。
 登場人物はテレビと同じで、「鷲津ファンド」代表の鷲津政彦を大森南朋、その対決者の“赤いハゲタカ”の劉一華を玉山鉄二、二人を追うテレビキャスターを栗山千明、TOBを仕掛けられるアカマ自動車社長を遠藤憲一が演じる。その他、柴田恭平、松田龍平、中尾彬らも出演している。
 テレビに比べて丁寧に人物模様を描き、「ホワイト・ナイト」、「国富ファンド」、「派遣労働者」等の最新の題材を入れ、「リーマン破綻」も織り込みながら、骨太で迫力ある経済ドラマを描いており、予想外の展開もあり、見ごたえ十分であった。
 やっぱりクールな大森南朋がカッコいいが、松田龍平の活躍があまりないのがやや残念。

|
|

« 飯田史彦・朗読劇&コンサート@テレピアホール | トップページ | 中国出張その7(江蘇省) »

映画(邦画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85605/45342879

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ハゲタカ」:

» ハゲタカ [だらだら無気力ブログ]
企業買収をめぐる壮絶なマネーゲームを描いたNHKのテレビドラマの 劇場版。テレビ版から数年後の日本で大手自動車メーカーの買収を仕掛ける 中国系巨大ファンドとハゲタカの異名を持つファンドマネージャー鷲津との 間で繰り広げられるマネーゲームを描く。かつて日本企..... [続きを読む]

受信: 2009年6月15日 (月) 01:27

» 『ハゲタカ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ハゲタカ」□監督 大友啓史 □原作 真山仁 □脚本 林宏司 □キャスト 大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、高良健吾、遠藤憲一、松田龍平、中尾彬、柴田恭兵、嶋田久作、志賀廣太郎、小市慢太郎、グレゴリー・ペーカー、脇崎智史■鑑賞日 6月6日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 久しぶりに男くさい骨太の映画を観た。 それは物語の展開にスキがなく、冒頭から引き込まれていった。 サブプライムローン問題や派遣切り等、現在問題となっている社会... [続きを読む]

受信: 2009年6月15日 (月) 08:24

» 『ハゲタカ』 [ラムの大通り]
-----ハゲタカという言葉、イメージがよくないニャあ。 一時期、ハゲタカ・ファンドとかいうのもなかった。 「うん。これはまさしくそれ。 現代社会の根底をなす経済構造を描いている。 ちょっと前にNHKでミニ・シリーズとして放映され、 世界でも権威のある国際番組コンクール『イタリア賞』を始め、 国内外で数々の賞を受賞したらしい」 ----へぇ〜っ。そうニャんだ。 でも経済の話って、ニャんだか難しそうな気がするニャあ。 それに監督がテレビ畑の人だと、あまり期待できそうにないし。 「観るまではぼくもそう思... [続きを読む]

受信: 2009年6月15日 (月) 22:29

» 【映画】ハゲタカ [新!やさぐれ日記]
▼動機 たまたまドラマ版を見ていたので ▼感想 原作もドラマ版も知らなくても十分楽しめる ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 投資家から募ったファンドで徹底した合理主義を貫き、企業を買いたたいく“ハゲタカ”の異名を取っていた鷲津政彦(大森南朋)は、閉鎖的な日本のマーケットに絶望して海外生活を送っていた。そんな鷲津のもとへ盟友・芝野健夫(柴田恭兵)が現われ、日本有数の大手自動車会社を巨大ファンドによる買収の危機から救ってほしいと頼む。 ▼コメント なかなか面白い映画だ... [続きを読む]

受信: 2009年6月16日 (火) 07:45

» ハゲタカ/大森南朋、玉山鉄二 [カノンな日々]
お気に入りの大森南朋さんの主演作品という事で見始めたNHK土曜ドラマ「ハゲタカ」。これがなかなか内容の濃い骨太な経済ドラマで思いっきりハマってしまったんですけど、もしかしたら映画化されちゃうじゃないなんて思ってたら、やっぱりきましたネ。『クライマーズ・ハイ』...... [続きを読む]

受信: 2009年6月17日 (水) 21:33

« 飯田史彦・朗読劇&コンサート@テレピアホール | トップページ | 中国出張その7(江蘇省) »