« 9万5千アクセス | トップページ | 演劇「骨歌」@本多劇場 »

ミュージカル「ジェーン・エア」@日生劇場

  9月4日夜、松たか子主演のミュージカル「ジェーン・エア」を観に日生劇場に行った。(松たか子は07年6月のコンサート以来、ミュージカル、音楽劇は久しぶり)
 シャーロット・ブロンテの超有名な文学作品のミュージカル化で、客席前のオケピを地下道にした異色の舞台設定だった。(席は最前列の右端)
 主役ジェーンを演じる松たか子はいつもどおりの力強いセリフや歌や抜群の演技力で、圧倒的な存在感を出していた。
 ロチェスターは橋本さとし、フェアファックス夫人は寿ひずる、イングラムはソプラノ歌手の幸田浩子、シンジュンは小西遼生が演じているが、ジェーンの母ら3役を演じた山崎直子(山崎努の娘)が目立っていた。
 公演後に演出家ジョン・ケアードのトーク(吉田美枝が通訳)があり、日本公演はブロードウェイ公演より歌を削除し時間を短くしたり、前半の終わり場面を変えたりして大幅に内容変更したことやイングラム役はソプラノで歌わせることで、ジェーンより美人で上品であることを表現していること等のとても興味深い話をした。

|
|

« 9万5千アクセス | トップページ | 演劇「骨歌」@本多劇場 »

ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85605/45913679

この記事へのトラックバック一覧です: ミュージカル「ジェーン・エア」@日生劇場:

« 9万5千アクセス | トップページ | 演劇「骨歌」@本多劇場 »