« 森麻季ソプラノリサイタル@知立リリオホール | トップページ | 映画「ココ・アヴァン・シャネル」 »

映画「クララ・シューマン 愛の協奏曲」

 映画「クララ・シューマン 愛の協奏曲」を「名演小劇場」へ観に行った。
 ロベルト・シューマンとヨハネス・ブラームスという二人の天才音楽家との関係で波乱の人生を送るマルティナ・ケデック演じるクララの生き様を描いた作品。
 精神的に苦しみながら交響曲「ライン」を作曲するシューマンに妻として献身的につくすクララがその時期に一緒に暮らすようになるブラームスとの微妙な関係を生々しく描き、息を飲むような展開が続く。
 鑑賞後はシューマン(「子供の情景」、「トロイメライ」等)やブラームス(「ハンガリー舞曲」、「子守歌」等)の数々の名曲をじっくり復習した。

|
|

« 森麻季ソプラノリサイタル@知立リリオホール | トップページ | 映画「ココ・アヴァン・シャネル」 »

映画(洋画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85605/46204250

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「クララ・シューマン 愛の協奏曲」:

» クララ・シューマン 愛の協奏曲 [象のロケット]
名作曲者ロベルト・シューマンの妻でピアニストのクララは、相次ぐ出産と気難しい夫の世話でなかなか作曲活動を再開できないでいた。 ある日夫妻は20歳の作曲家ヨハネス・ブラームスと出会いその才能に感銘を受ける。 クララを崇拝する気持ちを隠さない陽気なヨハネスとシューマン一家の奇妙な同居生活が始まったが…。 音楽ヒューマンドラマ。 ≪2人の天才が魅せられた女神―≫... [続きを読む]

受信: 2009年9月21日 (月) 17:34

» 『クララ・シューマン愛の協奏曲』 (2008)/ドイツ・フランス・ハ... [NiceOne!!]
原題:GELIEBTECLARA/CLARA監督・脚本:ヘルマ・サンダース=ブラームス出演:マルティナ・ゲデック、パスカル・グレゴリー、マリック・ジディ鑑賞劇場 : CINECITTA公式サイトはこちら。<Story>満員の聴衆を集めたハンブルグのコンサートホールで、ピアノを演奏...... [続きを読む]

受信: 2009年9月22日 (火) 16:58

« 森麻季ソプラノリサイタル@知立リリオホール | トップページ | 映画「ココ・アヴァン・シャネル」 »