« 映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」 | トップページ | 今年(2009年)の総括 »

「日本インターネット映画大賞・日本映画部門」投票(2009年)

 今年2009年の映画鑑賞をふりかえって、「日本インターネット映画大賞・日本映画部門」へ投票します。(4年目)

[作品賞投票ルール(抄)]
 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

『日本映画用投票フォーマット 』
【作品賞】(5本以上10本まで)
  「沈まぬ太陽」            8点
  「おと・な・り」             7点
  「ディア・ドクター」           6点
  「ジェネラル・ルージュの凱旋」    5点
  「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」 2点
  「ハゲタカ」                 1点
  「カイジ~人生逆転のゲーム」      1点

【コメント】 
 4作品まではスラスラ選べたが、後は小粒かな。。。
--------------------------------------------

【監督賞】              
  若松節朗 (「沈まぬ太陽」)
【コメント】
  この長編原作を1回に纏めた力量に感服!

【主演男優賞】
   堺 雅人 (「ジェネラル・ルージュの凱旋」)
【コメント】
  渡辺謙も良いが、堺の救急医役は本当にカッコいい!

【主演女優賞】
  麻生久美子 (「おと・な・り」)
【コメント】
  麻生の雰囲気ある演技がとても魅力的であった。

【助演男優賞】
  石坂浩二 (「沈まぬ太陽」)
【コメント】
  重厚な山崎作品にはこの渋い名優が必須だ。

【助演女優賞】
 八千草薫 (「ディア・ドクター」)
【コメント】
 いくつになっても艶のある演技が光る。

【新人賞】
 該当者なし

【音楽賞】 
 該当なし
 
---------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
---------------------------------------------------

|
|

« 映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」 | トップページ | 今年(2009年)の総括 »

映画(邦画)」カテゴリの記事

コメント

 2009年度日本インターネット映画大賞のご投票ありがとうございました。
 集計結果がすべて揃いましたので、正式発表いたします。
 作品賞ならびに各賞全ランキングは、当サイトをご覧ください。

投稿: 日本インターネット映画大賞 | 2010年2月16日 (火) 07:45

2009年度日本インターネット映画大賞の日本映画部門作品賞は「ディア・ドクター」でなく「サマーウォーズ」でしたね。
「サマーウォーズ」は、観ていないので是非とも観たいと思います!

投稿: 管理人(ぐらん) | 2010年2月21日 (日) 00:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85605/47081333

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本インターネット映画大賞・日本映画部門」投票(2009年):

» 2009年度日本インターネット映画大賞日本映画部門に投票します [オールマイティにコメンテート]
2009年度日本インターネット映画大賞日本映画部門に投票しました。 [続きを読む]

受信: 2009年12月26日 (土) 22:21

» 『日本インターネット映画大賞 日本映画部門』  [唐揚げ大好き!]
日本インターネット映画大賞 日本映画部門に参加しまーす。 2009年公開された邦画は、47本観ましたぁ。 今年は邦画、結構観たなぁと感じております。 (´0ノ`*) オホホホ それだけ、観たい邦画が増えたって事ですかね? 2年前は邦画バブルなんて言葉があったけど、質の高い映... [続きを読む]

受信: 2009年12月30日 (水) 06:38

» 2009年のまとめ・日本インターネット映画大賞 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
2009年のベストソング、アルバム、ライブ、ドラマ、映画を選んでみた。下線をクリックするとレビューへ飛ぶ。 なぜ個別にしないかって? めんどくさいからw2008年はココ 2007年はココ 2006年はココ 2005年はココ 2004年はココ   ... [続きを読む]

受信: 2010年1月 4日 (月) 19:37

« 映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」 | トップページ | 今年(2009年)の総括 »