« 10万5千アクセス | トップページ | 春風亭小朝独演会@中京大文化市民会館(2010年) »

映画「サヨナライツカ」

 楽しみにしてた映画「サヨナライツカ」を公開初日に観に行った。
 辻 仁成の原作小説を韓国のイ・ジェハンが監督し、西島秀俊演じる航空会社のエリート社員・豊が中山美穂演じるバンコクで出会った沓子と石田ゆり子演じる豊の婚約者・光子との関係に揺れる大人のラブ・ストーリーで、沓子の出会いから別れ、25年後の再会までを描く。
 女性向きのドロドロのラブストーリーと思っていたが、若干甘さはあるが、男性の視点で男の夢、ロマンを描いて、心を動かされる。
 オリエンタル・ホテルのサマセット・モーム・スイーツを中心に、25年前のバンコクと現在のバンコクを舞台に展開され、映像がとても印象的で美しい。次回のバンコク訪問時にはオリエンタル・ホテルに是非行ってみたい。また、航空機や空港がいろいろな場面で登場するのも個人的にとても興味が持てた。お洒落なシーンも多いが、互いにシニアグラスでメニューを読んで微笑むシーンが印象に残る。
 アイドル時代から大ファンの中山美穂の久々のスクリーン登場だが、とても40歳とは思えない妖艶な魅力を発揮し、絡みシーンの熱演は凄みを感じた。石田ゆり子も大好きだが、“ミポリン”にはかなわない。

|
|

« 10万5千アクセス | トップページ | 春風亭小朝独演会@中京大文化市民会館(2010年) »

映画(邦画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85605/47368070

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「サヨナライツカ」:

» 『サヨナライツカ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「サヨナライツカ」□監督 イ・ジェハン□脚本 イ・ジェハン、イ・シンホ、イ・マニ □原作 辻 仁成□キャスト 中山美穂、西島秀俊、石田ゆり子、加藤雅也、マギー ■鑑賞日 1月23日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 男と女が出逢うこと、そこには様々な形がある。 それはたとえば一夜の戯れであったり、延長線上に幸福な生活があるのかもしれない。 ひとことで“運命の出会い”と言えるものがあるとしたら... [続きを読む]

受信: 2010年1月25日 (月) 17:19

» 「サヨナライツカ」いつかサマーセットモームスイートに泊まりたい [soramove]
「サヨナライツカ」★★★★ 中山美穂、西島秀俊主演 イ・ジェハン監督、134分 、 2010年1月23日、2009年                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← CJ Entertainmentのロゴで始まるこの映画、 日本人監督じゃない「何か」をえ狙ったのだろう、 その試みは成功したのか。 「辻仁成の同名小説を、『私の頭の中の消しゴム』の監督イ・ジェハンが 原作者の夫人である中山美... [続きを読む]

受信: 2010年1月27日 (水) 07:42

» mini review 10476「サヨナライツカ」★★★☆☆☆☆☆☆☆ [サーカスな日々]
愛されることがすべてと思っていた女性が、運命的な出会いを経て、愛することが本当の愛だと気付くラブストーリー。『私の頭の中の消しゴム』イ・ジェハン監督がメガホンを取り、監督から熱烈なラブコールを受けた中山美穂が、『東京日和』以来12年ぶりの映画主演作で愛に生きる強く純真な女性を熱演。原作は中山の夫・辻仁成。バンコクで始まった恋が東京、ニューヨークと場所を移し、25年の時を超えて愛へと変わる過程が切ない。[もっと詳しく] なんだか辻仁成と高城剛には、同じ匂いがして好きになれない。 原作の辻仁成は、... [続きを読む]

受信: 2010年8月 7日 (土) 16:05

« 10万5千アクセス | トップページ | 春風亭小朝独演会@中京大文化市民会館(2010年) »