« 立浪和義引退試合@ナゴヤドーム | トップページ | 銀閣寺@京都 »

映画「シャネル&ストラヴィンスキー」

 映画「シャネル&ストラヴィンスキー」を名演小劇場へ観に行った。シャネルの映画は「ココ・アヴァン・シャネル」以来。
 1920年代を代表する作曲家のイゴール・ストラヴィンスキーとココ・シャネルの秘められた愛の物語で、その愛から名曲「春の祭典」と香水「シャネルNO5」が生まれる。シャネルはストラヴィンスキーの才能を見抜き、支援を申し出て、ストラヴィンスキー一家とシャネルの共同生活が始まり、不倫愛に落ちていく。
 主演のシャネルはアナ・ムグラリス、ストラヴィンスキーはマッツ・ミケルセンが演じており、シャネルの黒を基調とした数々の衣装も素晴らしい。
 結構どろどろしているが、映像と音楽がとても甘美で美しい。観終わった後、ストラヴィンスキーの「春の祭典」のCDを聞き、「シャネルNO5」の香りを確認した。

|
|

« 立浪和義引退試合@ナゴヤドーム | トップページ | 銀閣寺@京都 »

映画(洋画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85605/47701748

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「シャネル&ストラヴィンスキー」:

» ■映画『シャネル&ストラヴィンスキー』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
今も世界中の女性を魅了してやまないデザイナー、ココ・シャネルの情事を描いた映画『シャネル&ストラヴィンスキー』。 クリエイターの孤独を共有できる男としてシャネルに選ばれたのは、音楽家のイゴール・ストラヴィンスキーです。 この物語は創作であり、ふたりの間に起こ... [続きを読む]

受信: 2010年6月28日 (月) 03:18

« 立浪和義引退試合@ナゴヤドーム | トップページ | 銀閣寺@京都 »