« 山崎川の桜は満開(2010年) | トップページ | 映画「アンダンテ~稲の旋律~」 »

新妻聖子ミニライブ@山野楽器(2010年)

 4月5日夜、CD「アンダンテ」発売記念の山野楽器(東京・銀座)での「新妻聖子ミニライヴ&握手会」に出かけた。客層は男女・年齢ともに幅広い。
新妻聖子のライブ・コンサートは3ヶ月ぶり11回目(“新妻聖子クロニクル”参照)だが、新妻聖子の山野楽器ライブは08年2月のライブ以来2回目。(山野楽器ライブ全体では10年2月幸田浩子ライブ以来7回目)
 新妻聖子は黒い帽子を被ったカジュアルな衣装で登場し、まず「The First Star~上を向いて歩こう~」(原曲の作詞者・永六輔が認めた英訳詩のバージョン)、次に「バージン・ロード」を歌った。
今回の初のオリジナルアルバムCD「アンダンテ」の曲順についていろいろと悩んだこと(会場で曲の人気投票をした)、「道化師のソネット」の冒頭部分は街頭での鼻歌を録音したもの(そのために車の音が入っている)を挿入したこと等のCDのエピソードを話した後、「青いカモメ」(人気投票は4位?)を歌った。
 最後は、新妻の主演映画「アンダンテ~稲の旋律~」のエピソード(引きこもり役を熱演したが、嘔吐シーンが凄すぎてカットされたこと等)を話した後、その主題歌「アンダンテ」(人気投票は1位?)を熱唱した。
 今回はトークも巧みでとても楽しく、わずか4曲だが、久しぶりに音量豊かな力強い新妻聖子の歌声を堪能できた。

|
|

« 山崎川の桜は満開(2010年) | トップページ | 映画「アンダンテ~稲の旋律~」 »

新妻聖子ライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85605/47929233

この記事へのトラックバック一覧です: 新妻聖子ミニライブ@山野楽器(2010年):

« 山崎川の桜は満開(2010年) | トップページ | 映画「アンダンテ~稲の旋律~」 »