« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

欧州(エストニア、ドイツ、ポーランド)出張

117_3 5月23日~30日の8日間、09年11月チェコ出張以来半年ぶりに欧州出張した。
 今回は中部空港からヘルシンキ経由でバルト3国のエストニアの首都タリンを訪れた後、ラトビアの首都リガを経由して、ドイツのケルンに行った。
 タリンは中世の街の趣きがあり、世界遺産になっているが、街は思ったより小さい。
 ケルンは08年5月のケルン出張以来2回目でとても懐かしい思いがした。
 帰路は08年12月ポーランド出張以来2度目になるワルシャワを訪れた。
 ケルンまでは雨ばかりだったが、ワルシャワからやっと天気が回復したため、ハイテク化して今春に再オープンした“ショパン博物館”や“ワジェンキ公園”等のF・ショパンゆかりの所に立ち寄ることができた。
 “ショパン博物館”は大盛況のため、入場時間付きになっており、中に入っても騒がしい子供たちがいっぱいで、ゆったりとした鑑賞ができない。(せっかくのハイテク展示も既に故障してしまったものが多くて残念)
 緑豊かで美しい”ワジェンキ公園”では、目玉であるショパンのモニュメントを見たが、思ったより大きくて立派だった。
 また、旧市街の歩道に設置された数々のショパンの曲が鳴るベンチもおしゃれで良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

中日VSソフトバンク戦@ナゴヤドーム(2010年5月)

 5月13日夜、プロ野球交流戦の中日ドラゴンズ対ソフトバンク・ホークスの試合を観に同僚とナゴヤドームに出かけた。席は3塁側の内野S席、公式戦は今シーズン4回目だが、ホークスは07年以来3年ぶり。
 試合はドラゴンズ・チェン、ホークス・大隣の先発で始まり、久々のチェンの好投と高橋、浅尾、岩瀬のリレーで3-1でドラゴンズの快勝だった。
 でも井端がケガで出ていないのはちと寂しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

木住野佳子ピアノ・ライブ@名古屋ブルーノート

 5月4日夕、木住野佳子ピアノ・ライブ(会員限定)に名古屋ブルーノートに出かけた。
 名古屋ブルーノートは08年9月の森山良子ライブ以来7回目。
 木住野(キシノ)はベース、パーカッションを従え、「Face」、「極楽鳥」等のオリジナル曲や「シチリアーノ」、「グリーン・リーブス」等をポップな美しい音で演奏した。
 でも席は木住野を背後から見る位置の左端だったのは残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

中日VS阪神戦@ナゴヤドーム(2010年5月)

 5月3日夜、プロ野球公式戦の中日ドラゴンズ対阪神タイガースの試合を観にナゴヤドームに出かけた。
 今シーズン3回目、席は1塁側のA指定席だが、GW期間中のため満員。
試合は中日・朝倉、阪神・下柳の先発で始まり、中日・朝倉の好投で5対1でドラゴンズが快勝。久しぶりに気分よく帰れた。
 タイガーズは昨日までの巨人戦の熱戦でお疲れかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

11万アクセス

1月22日の10万5千アクセスから3ヶ月ちょっとで5千アクセス増で11万アクセスになりました。
この数ヶ月でアクセスが多かった記事は、ミュージカル「レベッカ」@中日劇場、映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」、ミュージカル「ガイズ&ドールズ」@シアタークリエ、映画「サヨナライツカ」、ミュージカル「ルドルフ」@帝国劇場、でした。
今後の予定は以下のとおりです。
<6月>
ミュージカル「キャンディード (井上芳雄、新妻聖子 他) <帝国劇場> ticket
 中日対巨人戦 <東京ドーム>エキサイトシート ticket
 松田聖子コンサート <日本ガイシホール> ticket

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

SPEEDコンサート@中京大市民会館

 4月30日夜、テレビで見たhiroの伸びのある高音の歌声に魅せられ、再結成された“SPEED”(島袋寛子(hiro)、今井絵理子上原多香子新垣仁絵(HITOE))のコンサートに中京大市民会館(名古屋市中区)に出かけた。
 “SPEED”のコンサートは初めてだが、上原多香子は04年12月の山野楽器の“トーク&握手会”以来、今井絵理子は09年5月のアスナル金山のライブイベント以来。
 彼女らは3回の衣装替えをして、「my graduation」、「Body & Soul」、「All My True Love」、「Wake Me Up !」、「White Love」、「Go! Go! Heaven」等の解散前の数々のヒット曲や「ヒマワリ~Growing Sunflower~」等の新曲等をダンス満載で一挙に歌いまくった。この中では、やっぱり名曲「White Love」は素晴らしく、感動に浸ることができた。
 アンコールでは「I Remember」等など2曲歌った後に観客の女性を一人だけ舞台に上げて、今井のギターでしっとり歌って締めくくった。
 トークはとりとめのない会話が続いたが、手話では “名古屋”は両指を“シャチホコ”のように曲げるとの話が印象に残った。
 でも久しぶりの最初からのスタンディングは少々疲れた。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »