« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

川淵三郎講演@名古屋

 7月29日、名古屋開催の富士通フォーラムで日本サッカー協会キャプテン(名誉会長)の川淵三郎氏の講演があった。
 古河電工時代に名古屋勤務の経験がある川淵氏は、今回の南アフリカW杯の日本代表チームがカメルーン戦まで最悪の状況にあったことや1993年のJリーグ創設時のエピソード(10チーム選考にあたり最後に鹿島が選ばれた経緯はとても興味深い)、本田選手らのキャラクター、Jリーグを例に"理念”の大切さ等を熱く語り、とても面白かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

11万5千アクセス

 5月3日の11万アクセスから3ヶ月弱で5千アクセス増の11万5千アクセスになりました。
この数ヶ月でアクセスが多かった記事は、松田聖子コンサート@日本ガイシホール、山下達郎コンサート@センチュリーホール、映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」、SPEEDコンサート@中京大市民会館、ミュージカル「ガイズ&ドールズ」@シアタークリエ、でした。
今後の予定は以下のとおりです。(ticketはチケット入手済)
<9月>
 中日対巨人戦 <ナゴヤドーム> ticket
 オペラ「ホフマン物語」 (幸田浩子 他) <愛知県芸術劇場> ticket
<10月>
 笹本玲奈ディナーライブ <大手町マンハッタンブルー> ticket
 吉田恭子ヴァイオリンコンサート <宗次ホール> ticket

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

映画「トイ・ストーリー3」

 テレビ放映「「トイ・ストーリー2」で復習した後、いろいろなブログで評価が高い映画「トイ・ストーリー3」を観に行った。劇場で3Dで観るのは初めて。
 第1作から10年後の設定で、おもちゃ達の持ち主のアンディは大学進学の準備をしているとこから始まる。
私の息子が第1作の主人公のアンディが道に取り残されそうになるシーンで泣き出したことを覚えているが、その息子も今や大学生になった。
 登場人物はカウボーイ人形のウッディを中心にお馴染みのバスライトイヤー、ジェシー、ブルズアイ 、ポテトヘッド夫妻、レックス、ハム、 スリンキー・ドッグらが登場し、1~3を通して、自分を犠牲にしても仲間を大切にするというテーマが貫かれていて、結構ジーンとくる。また、しゃべらない端役だが、今回、トトロのぬいぐるみも登場する。 

| | コメント (0) | トラックバック (15)
|

ヤマザキマザック美術館

 7月18日午前、この4月に名古屋市東区(新栄駅前)にオープンした「ヤマザキマザック美術館」に初めて出かけた。
 6月に行った「三菱1号館美術館」(東京・丸の内)と同様に企業系美術館で、4階・5階に展示室がある。
 5階では、ロココからドラクロワ等のロマン主義、モネ、ルノワール、シスレー、ピサロ等の印象派、そしてユトリロ、モディリアーニ等のエコール・ド・パリまでのフランス美術の絵画、彫刻が時代順に展示されており、4階では、アール・ヌーヴォーの代表的な作家であるガレ等のガラス工芸品、家具が展示されている。
 無料の音声ガイドサービスがあり、それを使ってゆっくり鑑賞できるのが嬉しい。(美術館での無料は珍しいかも)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

愛知サマーセミナー2010(鶴田真由)

 7月17日、昨年の「愛知サマーセミナー2009」に引き続き、今年も「愛知サマーセミナー2010」に椙山女学園(名古屋市千種区)に出かけた。
 今回のお目当ては、女優の鶴田真由の講演「世界へタイムトラベル」で、鶴田真由は、07年5月の名古屋市美術館のトークショー以来。
 40歳になる鶴田真由は、自身の眠っている細胞を目覚めさせるために海外の仕事に積極的に出かけているとのことで、ケニアのナクル難民キャンプ、マリのサハラ砂漠、ボリビアの塩湖の取材映像を紹介しながら、
海外に出かけると空間だけでなく、時間を遡る経験をすることもある等の話をした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

映画「踊る大捜査線3 ヤツらを解放せよ!」

 楽しみにしていた映画「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」を7月3日の公開初日に観に行った。前作のTHE MOVIE 2から7年ぶり(スピンオフ作品『交渉人 真下正義』および『容疑者 室井慎次』から5年ぶり)の続編。
 新湾岸警察署への移転前に事件が発生し、今回の犯人は前作までに登場した犯人である「ヤツら」の開放を要求する。
今回は、青島俊作 (織田裕二)、恩田すみれ (深津絵里)、 室井慎次(柳葉敏郎)、真下正義 (ユースケ・サンタマリア)らの他に、病死した和久平八郎(いかりや長介)の甥っ子として和久伸次郎(伊藤淳史)や管理補佐官・鳥飼誠一 (小栗旬)などが新しく加わっている。また前作までに登場した犯人役として、小泉今日子稲垣吾郎岡村隆史らも出演している。
 全体的なギャクは凝っていてとても楽しいが、ラストの盛上がりは前作までに比べて低い。また、深津絵里も柳葉敏郎らの演技もイマイチ低調だった。
 観客も前作から7年ぶりのせいか若い層が少ない気がした。

| | コメント (0) | トラックバック (33)
|

転勤しました。。

 5年振りに愛知県東部の蒲郡市に転勤になりました。
全く未知の教育関係の業務で、名古屋の自宅から通勤に2時間ほどかかり、エンタメ活動も激減しそうです。
 このブログを始めて5年を過ぎ、そろそろフェードアウトの“潮時”かなと思っています。
”ぐっとアゴを引き、前を見つめて、スマイル♪スマイル♪”~『ミーマイガール』

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »