« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

映画「食べて、祈って、恋をして」

 大ファンであるジュリア・ロバーツの久々の主演作「「食べて、祈って、恋をして」を観に行った。ニューヨークに住む女性ライターが離婚し、恋人と別れ、イタリア(EAT)、インド(PRAY)、バリ(LOVE)へ“自分探しの旅”に出る物語。女性向けで、冗長で観光映画のようだとの評があったが、なかなか含蓄のあるセリフや考えさせられることも多く、2時間20分の長さも特には気にならなかった。
 イタリアで本当においしそうにパスタやピザを食べまくるシーンは観ていて楽しくなり、美味しいパスタやピザが食べたくなる。また、「人生を楽しむ」イタリア人のライフスタイルはとても印象的である。イタリアには27年前に訪問以来行っていないが、また行きたい。
 インドでは、主人公は修行場で瞑想の日々を送るが、個人的にはあのような場所はあまり行きたいと思わない。(インドはどうしても好きになれない)。バリ島はリゾート地として是非行ってみたい。

| | コメント (1) | トラックバック (10)
|

オペラ「ホフマン物語」@愛知県芸術劇場

 9月18日午後、「あいちトリエンナーレ2010」のイベントのひとつであるオッフェンバック作曲のオペラ「ホフマン物語」(全3幕、仏語字幕付)を観に愛知県芸術劇場大ホールに出かけた。(席は1階席の右端)
 オペラ鑑賞は09年2月の「愛の妙薬」@愛知県芸術劇場以来。
 主人公の詩人ホフマンが三つの奇妙な恋物語が語るオペラで、ホフマンはアルトゥーロ・チャコン・クルス、親友ニクラウスは加賀ひとみが演じ、ホフマンが恋する3人の女性は、オランピアは幸田浩子、アントニアは砂川涼子、ジュリエッタは中嶋彰子が演じている。
 お目当ての幸田浩子は10年2月の山野楽器ミニコンサート以来3回目。機械仕掛けの人形・オランピアを演じる幸田は、黒い扇子を振りながら美しいコロラトゥーラ「森の小鳥はあこがれを歌う」を熱唱して、会場を魅了した。
今回は娼婦ジュリエッタの話が3話目になっているが、魅惑的な名曲「ホフマンの舟歌」はやっぱり素晴らしかった。また、舞台装置も大掛かりで、ビジュアル的にも十分見応えがあった。
 事前に予習していたため、内容も十分楽しめたが、やはり休憩2回を含めて3時間半はすこし長い。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

中日VS巨人戦@ナゴヤドーム(2010年9月)

 9月5日午後、優勝争いが佳境に入る中での中日VS巨人戦を観戦にナゴヤドーム(今シーズン5回目)に家族で出かけた。席は久々のスーパーダイヤモンドシートだったが、ドラゴンズがホームで好調なため、満員。
 試合は中日・中田と巨人・東野の先発で始まり、初回、中日・和田のライトへのツーランで先制し、中田も8回まで1点に抑える好投し、3対1で快勝、中日が巨人をホームで3タテした。
 まだまだ残暑が厳しいなかで、久々に生ビールでの勝利の美酒に酔いしれた。happy01
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »