« 花フェスタ記念公園@岐阜県(2011年4月) | トップページ | 音楽劇「日本人のへそ」@知立市文化会館 »

名古屋市科学館・プラネタリウム(2011年4月)

 名古屋市科学館がリニューアルされ、新しくオープンした新館(理工館・天文館)の新しい大型プラネタリウムが大人気で、かなり混雑していると聞いていた。しかし、春休みも終わり、平日午前なら比較的すいているかと期待して、開館15分前に到着したが、既に長蛇の列(老人が多い)だった。
  結局、入場券購入に30分以上並んで、やっと12時台の3回目の券をゲット。2時間くらい外で過ごした後に入場したが、その時も入場券を購入する列がかなり残っていてびっくり。(13時頃までにプラネタリウム入場は完売したらしい)
 理工館に入り、エスカレータで順に昇り、理工館の6階から天文館のプラネタリウムに入場する。
 新しいプラネタリウムは内径が35mの世界最大(現時点)のドームで、350名の席がゆったりした間隔で独立したリクライニングシートになっている。
投影機は光学式は光ファイバーでより鮮明な星を投影でき、デジタル式はドーム全体に映像を立体的に投影できるが、特にデジタル式のリアルで幻想的な映像が素晴らしかった。
 プログラムはプラネタリウム設備等の説明を主体とした特別プログラムで40分で終了した。終了後は理工館も見学したが、ここも小中学生が各展示に群がっていた。裏手の南側はまだ工事中なのが残念。

|
|

« 花フェスタ記念公園@岐阜県(2011年4月) | トップページ | 音楽劇「日本人のへそ」@知立市文化会館 »

レジャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85605/51453564

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋市科学館・プラネタリウム(2011年4月):

« 花フェスタ記念公園@岐阜県(2011年4月) | トップページ | 音楽劇「日本人のへそ」@知立市文化会館 »