« 相国寺&下鴨神社@京都 | トップページ | 一路真輝ライブ@名古屋ブルーノート(2011年5月) »

ミュージカル「レ・ミゼラブル」@帝国劇場(2011年)

 5月29日、震災後初めて東京に出かけ、12時からのミュージカル「レ・ミゼラブル」を帝国劇場で観た。
 「レミゼ」鑑賞は3回目。前々回の帝劇の「レミゼ」(05年3月)は、故本田美奈子さんがエポニーヌから転進し、ファンティーヌ初挑戦の予定だったが、病魔に倒れ降板したシリーズ(エポニーヌ:坂本真綾、ファンティーヌ:マルシア)だったが、今回も新妻聖子がエポニーヌからファンティーヌ初挑戦のシリーズで、かつ新妻と並び評されるディーヴァ笹本玲奈もエポニーヌで共演するという夢のような公演のため、東京まで遠征した。
 新妻聖子のステージは6ヶ月ぶり20回目<新妻聖子クロニクル参照>、笹本玲奈のステージは1ヶ月ぶり15回目<笹本玲奈クロニクル参照>。
 ちなみに前回の中日劇場の「レミゼ」(09年3月)の時は、エポニーヌは新妻聖子、ファンティーヌはシルビア。
 今回のその他キャストはジャンバルジャン・今井清隆、ジャベール・KENTARO、コゼット・中山エミリ、マリウス・山崎育三郎(2回目)、テナルディエ夫妻・三波豊和&森公美子(3回目)。
 席はファンクラブ申込による最前列右側で、オケピの塩田氏の指揮がよく見える。
お目立ての新妻聖子はシルビアやマルシアに比べて小柄で可愛らしいファンテーヌを演じ、私にとって初の新妻聖子の「夢破れて」の熱唱を堪能した。故本田美奈子さんができなかったエポニーヌからファンティーヌ転進を観て思わず目頭が熱くなった。でもシル薄幸の役は新妻のキャラとは少し違和感もある。。。
 もう一人のお目当ての私にとって初めての笹本玲奈エポニーヌは「オン・マイ・オウン」独唱時のの感情を抑えた歌い方がやや気になったが、やはり圧倒的な演技力はさすが。
 でも、新妻と笹本の共演は、ラストの天国からのお迎えとして、ジャンバルジャンの両脇にエポとファンテが登場するシーンだけだったが、二人が揃うと素晴らしい。
 これで最後の「レミゼ」ということだが、笹本の色気たっぷりのファンテーヌも見たかった。
 その他、主役のジャンバルジャン・今井清隆も声量がある歌は安定感があったし、中山エミリも歌唱の声はか細いが、美しいコゼットも良かったし、三波豊和の存在感のあるテナルディエも良かった。
 時間が2時間45分に圧縮され、展開もかなりテンポが速くなり、舞台演出もブラッシュアップされ(特に地下下水道シーン)、さすが集大成!高い満足感を持って帰路の新幹線に乗った。

|
|

« 相国寺&下鴨神社@京都 | トップページ | 一路真輝ライブ@名古屋ブルーノート(2011年5月) »

ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85605/51003358

この記事へのトラックバック一覧です: ミュージカル「レ・ミゼラブル」@帝国劇場(2011年):

« 相国寺&下鴨神社@京都 | トップページ | 一路真輝ライブ@名古屋ブルーノート(2011年5月) »