« 12万5千アクセス | トップページ | 相国寺&下鴨神社@京都 »

佐藤しのぶコンサート@愛知県芸術劇場

 5月5日午後、母の日を前にソプラノ歌手・佐藤しのぶのコンサート“わが母の教え給いし歌2011”に愛知県芸術劇場コンサートホールに出かけた。席はステージ右横のA指定席。佐藤しのぶコンサートは初めて。
 前半は、華やいだ黄緑色のドレスで登場し、お母さんの歌メドレー、「荒城の月」を歌った後、特別ゲストの作曲家の三枝成彰氏とのトークを交えて、三枝氏作曲・編曲の「夕陽がおちて」等の3曲を歌った。
 後半は、渋いオレンジ色?のドレスで登場し、プッチーニの「私のいとしいお父さま」、「ある晴れた日に」等を熱唱 した後、今回のタイトルでもある目玉のドヴォルザークの「わが母の教え給いし歌」(この曲は10年12月の音楽劇「プライド」@シアタークリエでソプラノ歌手役の笹本玲奈が日本語で歌って大好きになった。)を熱唱した。さすがに佐藤の透き通るような高音の柔らかい歌声は素晴らしい。
 アンコールは、「ふるさと」等を歌った後、シューベルトの「アヴェ・マリア」で締めた。
 バックのN響ソロコンサートマスター・堀正文らによるN響室内合奏団の演奏も深みがあり、とても良かったが、観客席で曲中に携帯が鳴ったり、何かを倒した大きな音がしたり、遠慮ない咳が多く、興ざめなことが多かった。
 帰りに母の日にちなんでカーネーションのプレゼントがあった。

|
|

« 12万5千アクセス | トップページ | 相国寺&下鴨神社@京都 »

コンサート・ライブ(クラシック・楽器系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85605/51458893

この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤しのぶコンサート@愛知県芸術劇場:

« 12万5千アクセス | トップページ | 相国寺&下鴨神社@京都 »