« 上松美香コンサート@電気文化会館 | トップページ | 映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 »

ウィーンミュージカル・コンサート@中日劇場

 3月18日午後、待ちに待ったウィーンミュージカル・コンサート「M .クンツェ&S.リーヴァイの世界~2ndSeason~」に中日劇場に出かけた。
 出演は、お目当ての新妻聖子(11年12月「GOLD」@シアタークリエ以来25回目<新妻聖子クロニクル参照>)、一路真輝(11年12月名古屋ブルノート・ライブ以来6回目)の地元・愛知出身の2人のほか、土井裕子(04年「ひめゆり」@東京芸術劇場以来2回目)、井上芳雄(10年「キャンディード」@帝国劇場以来9回目)、山口祐一郎(10年「レベッカ」@中日劇場以来3回目)、石川禅(10年「レベッカ」@中日劇場以来3回目)、パトリック・シュタンケら。
 M .クンツェ(脚本、歌詞)とS.リーヴァイ(音楽)によるウィーン・ミュージカル『レベッカ』、『マリー・アントワネット』、『モーツァルト!』、『エリザベート』の4作品のコンサート。席は前半のセンター。
 司会の進行により、前半は、『レベッカ』より、「レベッカ」(一路真輝)、「永遠の瞬間」(新妻聖子)等、『マリー・アントワネット』より、「100万のキャンドル」(新妻聖子)、「もしも鍛冶屋なら」(石川禅)、「心の声」(新妻聖子)、「ILLUSION」(山口祐一郎)等。
 後半は、『モーツァルト!』より、「僕こそ音楽」(井上芳雄)、「ダンスはやめられない」(新妻聖子)、「終わりのない音楽」(土居裕子、石川禅)、「星から降る金」(土居裕子)、「影を逃れて」(井上芳雄)等、『エリザベート』より、「私だけに」(一路真輝)、「私が踊る時」(一路真輝、山口祐一郎)「最後のダンス」(パトリック・シュタンケ)、「夜のボート」(一路真輝、石川禅)、「闇が広がる」(山口祐一郎、井上芳雄)等。
 圧巻はやはり一路エリザベート、他のエリザベート役とはやっぱり迫力が違う。「私だけに」、「私が踊る時」、「最後のダンス」を聴いて思わず感涙。(また『エリザベート』公演に出てほしいな)
 新妻マルグリッドの「心の声」を初めて聞いたが、笹本玲奈と異なる歌い方で魅了した。ぜひライブでも歌って欲しい。(アンサンブルが要るかな?)また、マリーアントワネット役で英語で歌った「すべてはあなたに」、コンスタンツェ役の「ダンスはやめられない」も初めて聞いたが、なかなか聴かせた。
 その他、名曲揃いの『モーツァルト!』の「星から降る金」、「影を逃れて」も良かった。でも「星から降る金」は一路真輝で聴きたいな。
 特別に東日本大震災被害者への鎮魂のため、井上芳雄、土居裕子も加えたアンサンブル合唱団でモーツァルトの「レクイエム」を歌った。
 カーテンコールでの各自のあいさつもとても楽しく、少し時間が長かったが、とても満足したコンサートだった。

|
|

« 上松美香コンサート@電気文化会館 | トップページ | 映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 »

コンサート・ライブ(ミュージカル系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85605/53273031

この記事へのトラックバック一覧です: ウィーンミュージカル・コンサート@中日劇場:

« 上松美香コンサート@電気文化会館 | トップページ | 映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 »