« ウィーンミュージカル・コンサート@中日劇場 | トップページ | Jリーグ・グランパス対アルビレックス戦@瑞穂陸上(2012年3月) »

映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」

 3月20日午前、映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」を観に行った。
 英国初の女性の首相となったマーガレット・サッチャーの政治、家庭での隠された苦悩を描いた作品。
サッチャーの若い頃から新婚時代までをアレクサンドラ・ローチが演じ、国会議員当選後から老境までをメリル・ストリープ(当作品でアカデミー主演女優賞を受賞)が演じている。メリル・ストリープ出演作は「マンマ・ミーア!」以来かな。
 内容は、夫に先立たれ、認知症気味の老境のサッチャーが少女時代、夫との出会い、家族との関係、初当選、教育相時代の国会、保守党の党首選立候補、首相就任、フォークランド紛争、首相退任等を断片的に回顧していく。特にフォークランド紛争での決断と勝利は比較的丁寧に描かれており、興味深い。
 “老い”がメインテーマかもしれないが、政治活動や家族との葛藤の描き方に深みがなかったのが残念。

|
|

« ウィーンミュージカル・コンサート@中日劇場 | トップページ | Jリーグ・グランパス対アルビレックス戦@瑞穂陸上(2012年3月) »

映画(洋画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85605/54263910

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」:

» 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 日英の大きなギャップ [映画のブログ]
 うまいオープニングだ。映画はあり得ないようなシチュエーションではじまり、観客をギョッとさせる。  なんと老いたマーガレット・サッチャーがスーパーのレジに並び、ミルクを買っているのだ。首相経験者...... [続きを読む]

受信: 2012年3月22日 (木) 23:59

» 「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」女は強し! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[マーガレット・サッチャー鉄の女の涙] ブログ村キーワード  "第84回アカデミー賞・主演女優賞受賞”「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」(GAGA★)。英国史上初の女性宰相にして“鉄の女”と称された辣腕政治家の半生を、名女優メリル・ストリープが熱演しております。いやあ、なりきってますね、ホントに。    かつて英国初の女性宰相として、国際政治の表舞台に君臨したマーガレット・サッチャー(メリル・ストリープ)。老いて一線を退き、静かで孤独な余生を送る彼女には認知症の気が見られ、今は亡き夫... [続きを読む]

受信: 2012年3月23日 (金) 12:00

» 映画:マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 The Iron Lady 認知症に苦しむ元首相が回想する1980年代。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
11年もの間(1979〜1990年)イギリス初の女性首相を務めた マギー・サッチャーを描く。 まずユニークなのが、あくまでも「現在」を中心に、彼女を描いていること。 認知症に苦しむ日々がベースになっており、「回想」という形で彼女の栄光・挫折が挟み込まれる。 生存...... [続きを読む]

受信: 2012年3月25日 (日) 19:59

» マーガレット・サッチャー [映画的・絵画的・音楽的]
 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)クマネズミは、元来、伝記物は嫌いですが(取り上げる人物を美化するだけに終わってしまいますから)、この作品は、長年見続けてきているメリル・ストリープ(注1)がアカデミー賞主演女優...... [続きを読む]

受信: 2012年3月31日 (土) 20:51

» 映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』を観て〜アカデミー賞受賞作品 [kintyres Diary 新館]
12-32.マーガレット・サッチャー鉄の女の涙■原題:The Iron Lady■製作国・年:イギリス、2011年■上映時間:105分■字幕:戸田奈津子■観賞日:4月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督:フィリダ・ロイド◆メリル・ストリープ(マーガレット・サッチャー)◆ジム...... [続きを読む]

受信: 2012年8月15日 (水) 20:57

« ウィーンミュージカル・コンサート@中日劇場 | トップページ | Jリーグ・グランパス対アルビレックス戦@瑞穂陸上(2012年3月) »