« 音楽劇「天使のダイアリー」@港文化小劇場 | トップページ | 名古屋名駅薪能(2012年) »

ミュージカル「ミス・サイゴン」@愛知県芸術劇場

 7月28日の猛暑の夕方、ミュージカル「ミス・サイゴン」を観に愛知県芸術劇場・大ホールに出かけた。
 帝国劇場で3度上演された有名ミュージカルの新演出による全国公演で、名古屋公演は初めて。
 「ミス・サイゴン」鑑賞は04年公演(キム・松たか子、クリス・井上芳雄、エンジニア・市村正親ら)、08年公演(キム・笹本玲奈、クリス・井上芳雄、エンジニア・筧利夫ら)以来、3回目だが、今回はキム・笹本玲奈、クリス・山崎育三郎、エンジニア・市村正親、エレン・木村花代、ジョン・上原理生、トゥイ・泉見洋平ら。
 笹本玲奈は12年4月「ジキル&ハイド」@愛知県芸術劇場以来18回目(キムは2回目)<笹本玲奈クロニクル参照>。山崎育三郎は11年5月「レ・ミゼラブル」@帝国劇場以来3回目、市村正親は10年6月「キャンディード」@帝国劇場以来4回目(エンジニアは2回目)。
 席は1階中央部。(この会場はオケピが広く、やや舞台が遠い)
 新演出になって、ストーリー展開がかなり早く、初めて見た人には若干わかりにくいように感じるし、大好きな「世界が終る夜のように」や「今も信じているわ」のシーンも盛上がりに欠ける気がした。でも笹本玲奈の「命をあげよう」は前より素晴らしかった。
 また、サイゴン陥落時のヘリもセットから映像になったが、映像の方が迫力がある。


 

|
|

« 音楽劇「天使のダイアリー」@港文化小劇場 | トップページ | 名古屋名駅薪能(2012年) »

ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85605/54587730

この記事へのトラックバック一覧です: ミュージカル「ミス・サイゴン」@愛知県芸術劇場:

« 音楽劇「天使のダイアリー」@港文化小劇場 | トップページ | 名古屋名駅薪能(2012年) »