« 幸田浩子リサイタル@愛知県芸術劇場 | トップページ | 映画「レ・ミゼラブル」 »

演劇「こどもの一生」@中日劇場

 12月12日夜、演劇「こどもの一生」に中日劇場に出かけた。席は11列目左端、観客は若い女性ばかり。
 中島らもが脚本を執筆した 「ヴァーチャル・リアリティ」をモチーフにしたコメディ・サスペンスホラー。
 出演は、中越典子笹本玲奈鈴木砂羽谷原章介吉田鋼太郎、山内圭哉、戸次重幸、玉置玲央。
 笹本玲奈は、7月のミュージカル「ミス・サイゴン」@愛知県芸術劇場以来19回目<“笹本玲奈”クロニクル参照>、谷原章介は05年「コーカサスの白墨の輪」@世田谷パブリックシアター以来2回目、吉田鋼太郎は11年「リタルダンド」@アートピアホール以来3回目。
 結構怖いストーリーだったが、各自の演技について目立ったところがなかった。笹本玲奈も中越典子も子供
の演技より大人のしっとりした女の演技のほうが魅力的。
 でも「よろしいですか~」のフレーズが頭から離れない。

|
|

« 幸田浩子リサイタル@愛知県芸術劇場 | トップページ | 映画「レ・ミゼラブル」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85605/55882555

この記事へのトラックバック一覧です: 演劇「こどもの一生」@中日劇場:

« 幸田浩子リサイタル@愛知県芸術劇場 | トップページ | 映画「レ・ミゼラブル」 »