« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

山崎川の桜は満開 (2013年)

 Dsc_1567 2013年3月30日、山崎川(名古屋市瑞穂区)の桜は満開です!
好天の土曜日で大勢の人が見物に訪れています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ブルーボネット2013年春

Dsc_1555 3月24日午後、11年目の春を迎えた名古屋港ワイルドフラワーガーデン「ブルーボネット」に半年ぶりに訪れた。
 園内は、まだ目玉の「ワイルドフラワーの里」に花はないが、「トピアリーガーデン」は綺麗に整備されていた。
 また、園内イベントのピアノ、バイオリン、チェロのトリオにフルート、ギターも加わった「トリオ・アンダンテ」のガーデンコンサート(「カヴァティーナ」、「あなたが欲しい」(サティ)等の演奏)をサニーハウスで楽しんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

映画「千年の愉楽」

 3月20日午前、映画「千年の愉楽」を観に愛知県唯一の上映館「シネマスコーレ」(名古屋市中村区)に約3年ぶりに出かけた。観客の年齢層はかなり高い。
 中上健次が故郷・和歌山を舞台に書いた小説を若松孝二監督が映画化した人間ドラマで、高貴で不吉な血を持って生まれた男たちの悲しい生と死を見つめ続けた老女オリュウノオバの視点で描いている。作j品を通して“血”とは何かを考えさせられ、登場人物の壮絶な生き様に圧倒される。
 出演は寺島しのぶのほか、高良健吾高岡蒼佑染谷将太佐野史郎井浦新ら。
 寺嶋しのぶ主演作は同じ監督の映画「キャタピラー」以来だが、圧倒的な存在感がある。また半蔵役の高良健吾の色気ある演技が良かった。
 
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

エル・グレコ展@東京都美術館

 2月28日、「エル・グレコ展」を観に東京・上野の東京都美術館に出かけた。東京都美術館は昨年9月の「マウリッツハイス美術館展」以来。
 エルグレコは16~17世紀のスペイン絵画の黄金時代に活躍した画家で、ギリシャ・クレタ島に生まれ、ベネチア、ローマを経て、スペインのトレドで活躍した画家。本展ではプラド美術館、メトロポリタン美術館等やトレドの教会の油彩画等が50点余りが展示されている。
 今回の目玉は高さ3メートルを超える祭壇画『無原罪のお宿り』(サン・ニコラス教区聖堂)であるが、人物がS字曲線的に引き伸ばされた構図と独特な色彩に圧倒される。
 会場は混雑はしていたが、並ぶこともなく比較的スムーズに鑑賞できた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »