« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

「若村麻由美の劇世界」@京都・金剛能楽堂

10月30日、京都に出かけ、金剛能楽堂(京都市上京区)での「若村麻由美の劇世界~その愛ゆえに」を観た。(午後の部、席は正面2列目)
 若村麻由美が『平家物語』の世界に挑戦する2回目の試みで、今回は『平家物語』に登場する女性、巴御前・小宰相・千手の3名の生き様、死に様を能舞台で描く。
 前半は野村萬斎の解説を挟み、まずは『巴』で、「木曽最期」の前半部分の一人芝居で、次の『小宰相』も「小宰相身投げ」の前半部分を一人芝居で演じた。
 後半は、「千手前」と「海道下」から、平重衡役の野村萬斎と、千手役の若村が二人で演じた。
 相手役の野村萬斎も素晴らしい演技だったが、若村麻由美の巫女のような神々しい美しさと鬼気迫る演技に圧倒され、美しい平安絵巻のような華麗な舞台にしばし酔いしれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

東寺&西本願寺@京都

  Dscn2263
 10月30日午前、京都に出かけ、「サントリー山崎蒸留所」の見学の後、世界遺産である東寺(教王護国寺)と西本願寺(龍谷山本願寺)を拝観した。これで京都の世界遺産17のうち13ヶ所を制覇。
 東寺では、金堂(国宝)、講堂(重要文化財)、五重塔(国宝)を見学し、講堂内にある五菩薩坐像(国宝)、五明王像(国宝)等も見学した。
 西本願寺では、唐門(国宝)、御影堂(重要文化財)等を見学した。その後に東本願寺にも行った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

YAMAGIWAコンサート@愛知県芸術劇場

 10月28日夜、「YAMAGIWAコンサート」 に愛知県芸術劇場コンサートホールに出かけた。席は3階正面。
出演は、天満敦子(ヴァイオリン)、酒井愛可(ピアノ)の二人。
 天満敦子は25年以上使っている自前の「ストラディバリ」で、タイスの瞑想曲や「望郷のバラード」(ポルムベスク)等を演奏したが、「シャコンヌ」の演奏には少し違和感を感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

KAKAI 歌会@名鉄ホール

 10月22日夜、ミュージカルライブ「KAKAI 歌会」に「名鉄ホール」(名古屋市中村区)に出かけた。席は中盤右。
 出演は、ミュージカル俳優の和音美桜樹里咲穂今井清隆原田優一の4人。今井清隆は11年5月のレミゼ以来3回目。
 ミュージカル曲主体のショーと思っていたが、ミュージカル曲が少なく、歌謡曲のコミカルな宴会芸のようなショーが主体で、楽しいが、私的には期待はずれ。
 ファンティーヌ役(レミゼ)やマリー・ヴェッツェラ(ルドルフ)役を演じ、大いに注目していた和音美桜は小柄(159cm)で可愛らしいが、歌唱は印象薄い。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

諏訪内晶子コンサート@名大・豊田講堂

 10月19日、名古屋大のイベントで、諏訪内晶子(ヴァイオリン)&兵庫芸術文化センター管弦楽団のコンサート(指揮:岩村力)に名古屋大学・豊田講堂ホールに出かけた。
 曲は、ベートヴェン「レオノール序曲第3番」、ショスタコーヴィチ「ヴァイオリン協奏曲第2番嬰ハ短調」、モーツァルト「交響曲第41番ジュピター」の3曲。アンコールはモーツァルト「ティヴェルティメント1楽章」。
 諏訪内晶子のヴァイオリンは初めて聴いたが、さずが音色が美しく華麗、ショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲の楽しさに魅了された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

映画「2ガンズ」

 10月12日午後、映画「2GUNS(2ガンズ)」の試写会に出かけた。試写会は最近少ないので、久しぶり。
 主演は、デンゼル・ワシントンマーク・ウォールバーグ(「テッド」主演)の異色のコンビ。
 麻薬組織や麻薬取締局、海軍情報部、CIAが複雑に絡み合うサスペンスアクションだが、その複雑さが面白い反面、若干、判りにくさもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »