« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

上原彩子ピアノリサイタル@熱田文化小劇場

  11月6日夜、上原彩子のピアノリサイタルに熱田文化小劇場(名古屋市熱田区)へ出かけた。
 演奏曲は、全てチャイコフスキーで、前半は「四季」、後半は「くるみ割り人形」より「こんぺい糖の踊り」、「中国の踊り」、「トレパック」と「グランド・ソナタ」。
 クリーム色のドレスで登場した上原彩子は、ピアノはヤマハでなく、スタインウェイで演奏したが、多彩で珠のような美しい音色に魅了された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

映画「42~世界を変えた男」

 11月4日、映画「42~世界を変えた男」を観た。黒人初のメジャーリーガーであるジャッキー・ロビンソンの半生をブルックリン・ドジャースの球団GMであるブランチ・リッキーとの交流を軸に描いたドラマ。
 出演は、チャドウィック・ボーズマン(ジャッキー・ロビンソン)、ハリソン・フォード(球団GM)ら
 「やり返さない勇気」(半沢直樹を意識?)がテーマで、その意味がどんなことかということが描かれ、感動的。でも「やり返さない勇気」は自分的には厳しいかな。
 最後は「アメリカン・グラフィティ」のように各登場人物のその後が記載される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新妻聖子ライブ@名古屋ブルーノート

 11月1日夜、新妻聖子ライブに名古屋ブルーノート(1stステージ)に出かけた。
 新妻聖子は30回目だが、半年ぶり(ライブは12年11月の関内ライブ以来1年ぶり)<新妻聖子クロニクル参照> 今回はファンクラブ席ではないため、席は正面テーブル右側。(名古屋ブルーノートは15回目)
 片肩の真っ赤なドレスで登場した新妻聖子は、ピアノ、バイオリン、ドラム、ギター、エレキベースをバックに「おかえり」、「愛を止めないで」、「I've never been to me」(朗読付)、「夢やぶれて」(英語)、「ラマンチャの男」、「ピエタ」、「アンダンテ」、「The Girl In The Mirror」(英語)、「Time To Say Good Bye」等を歌い、アンコールでは「命をあげよう」等を歌った。
 舞台とかなり勝手が異なるかもしれないが、歌に精彩がなく、トークもニューヨーク旅行での牡蠣の話以外はグタグタで、曲順を間違えそうになったり、締めの「Time To Say Good Bye」の歌詞を間違えて歌い直したりで、30回目にして初めて期待はずれ。
 一番期待していた「夢やぶれて」も、舞台(11年5月のレミゼ)の時のように日本語訳で歌って欲しかった。
 さすがの新妻聖子もちょっと劣化したのかな?(少し太った?)それとも、30回も観た自分の目がかなり肥えてしまったのかな?「私歌上手いのよ」的な歌い方はどうかと言っていた観客もいた。。。
追っかけもしばらく休止するか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »