« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

「東海フラワーショウ2014」@愛知県東海市

 Dsc_1638 1月26日午前、で愛知県東海市特産の洋蘭などを紹介する「東海フラワーショウ2014」に東海市民体育館に出かけた。
 このイベントは、「東海フラワーショウ2006」以来8年振り。8年前に比べて展示も多く華やかになっており、来場者も多かった。
 今回は車で行ったので、即売会場で、初心者向けのミニ洋蘭である香りオンシジューム、ミニデンドロビューム等を購入した。やっぱり花は癒される。
 『友がみな 我よりえらく見ゆる日よ 花を買い来て妻としたしむ』 (石川啄木)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

映画「アメリカン・ハッスル」

 1月21日夜、映画「アメリカン・ハッスル」の試写会に出かけた。
 詐欺師がFBIに協力し、おとり捜査によって真相を暴いた1970年代アメリカで起こった収賄スキャンダル「アブスキャム事件」を映画化。(ハッスルとは詐欺のこと)
 スリリングで目まぐるしい場面が華やかに展開するいかにもアメリカ人好みのストーリー。
 詐欺師をクリスチャン・ベールが演じ、詐欺の手助けをする愛人をエイミー・アダムスが演じているが、映画「魔法にかけられて」でお姫様ジゼル役だったエイミー・アダムスのセクシーさに圧倒された。
また、かつて映画「ゴット・ファ-ザー PARTⅡ」でマフィアのボスを演じたロバート・デ・ニーロがまたマフィアのボス役で凄みのある演技をしているのも興味深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「夜更かしの女たち」@日本特殊陶業市民会館

 1月15日夜、「直人と倉持の会」公演『夜更かしの女たち』を観に日本特殊陶業市民会館(名古屋市中区)・ヴィレッジホールに出かけた。席は4列目の右。
 出演は、竹中直人中越典子マイコ馬渕英俚可篠原ともえ安藤玉恵浜野謙太風吹ジュン。中越典子は12年12月の「こどもの一生」@中日劇場以来2回目、マイコは12年1月、「8人の女たち」@ウインクあいち以来2回目。
竹中直人演じる美術教師の送別会に集まった女たちが15年前に男子生徒の自殺の真相を解明していくストーリー。
停車する電車車両の表と裏を舞台に描く演出は斬新で面白いが、出演者の演技はあまり印象に残らなかった。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

映画「利休にたずねよ」

1月13日午前、映画「利休にたずねよ」を観た。
 山本兼一の直木賞受賞小説を映画化した歴史ドラマ。茶人・千利休の切腹にまつわる真相を利休の若い頃の恋、それを経て培った美への情熱と執着を壮大に描き出すストーリー。
市川海老蔵が千利休を、中谷美紀がその妻・宗恩を演じ、それを取り巻く人々を大森南朋(秀吉), 伊勢谷友介(信長)、檀れい、市川團十郎, 柄本明, 成海璃子, 大谷直子, 黒谷友香, 福士誠治, 伊武雅刀ら豪華俳優陣が演じている。
 テンポの良いストーリー展開で、心を奪われる映像美と海老蔵と中谷美紀の所作が本当に素晴らしい。
 公開後のネットでの評価があまり芳しくなかったが、十分に満足。このような渋い大人向け映画はあまり評価されないのが残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ドラゴンズ岩瀬選手トークショー@神宮東中日ハウジングセンター

 Dscn23021月3日午後、「中日ドラゴンズ・岩瀬仁紀選手トークショー」を観に神宮東中日ハウジングセンター(名古屋市熱田区)へ出かけた。
 通算セーブ382の日本記録を持つ中日ドラゴンズ・岩瀬投手のトークショーで、屋外会場には300人以上の観客が集まった。ここは08年の立浪選手トークショー以来。
 トークは質問に答えるインタビュー形式で、苦手や得意の打者に対する心構えや引退後の夢などの話だったが、最後のクイズ大会で、岩瀬の通算打率を正確に回答したマニアの男性にびっくり。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「カウントダウンコンサートin あつた」@熱田文化小劇場

 2013年から2014年への年越しの「カウントダウンコンサートin あつた」に熱田文化小劇場に出かけた。
出演は名古屋フィルとセントラル愛知のメンバーらによる特別編成オケ(指揮:井上京)、席は自由席。
 曲はソプラノ・二宮咲子による「ある晴れた日に」、「ヴァリアの歌」やヨハン・シュトラウス父と子三兄弟の曲(「春の声」、「ウィーン気質」、「トンボ」等)を演奏したが、やはり時間的に眠い。最後は恒例の「ラデツキー行進曲」で締めた。
 コンサート終演後は、歩いて熱田神宮の初詣に出かけたが、夜中の1時でも凄い人出だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »