« 一路真輝トークショー@松坂屋 | トップページ | 映画「アナと雪の女王」(吹替) »

「国民の映画」@刈谷市総合文化センター

 3月21日午後、三谷幸喜作の演劇「国民の映画」を観に刈谷市総合文化センター(愛知県刈谷市)に出かけた。席は正面2列目中央。
1940年代のドイツ・ベルリンを舞台に宣伝大臣ヨゼフ・ゲッベルスと映画人たちとの間で繰り広げられる芸術と権力の狭間で葛藤する人々による人間ドラマで、11年以来の再演。
 出演は小日向文世(ゲッベルス)、段田安則(ヒムラー)、渡辺徹(ゲーリング)、吉田羊(ゲッベルス夫人)、新妻聖子(レ二・リーフェンシュタール)、シルビア・グラブ(レアンダー)、今井朋彦(ケストナー)、小林隆平岳大秋元才加小林勝也風間杜夫荻野清子(ピアニスト)。
 お目当ての新妻聖子は、13年11月の名古屋ブルーノート・ライブ以来5ヶ月ぶり31回目。<新妻聖子クロニクル参照>
 シルビア・グラブは、09年「NINE the musical」@テアトル銀座以来4回目。
 渡辺徹は、09年奥村愛コンサート@アートピアホール以2回目だが、かなり太ったな。
 ゲッベルスという人物は異色の経歴を持ち、学生時代から大変興味があったが、劇は、喜劇的ながら、ナチスの映画製作を通した大衆への宣伝活動、ユダヤ人に関するヴァンセー会議等を織り込みながら、結構深い内容が展開するが、個性際立つ男優陣の迫力ある演技に圧倒された。
 新妻聖子、シルビア・グラブの実力派ミュージカル女優陣は今回は歌のシーンがあまり無かった。

|
|

« 一路真輝トークショー@松坂屋 | トップページ | 映画「アナと雪の女王」(吹替) »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85605/58452332

この記事へのトラックバック一覧です: 「国民の映画」@刈谷市総合文化センター:

« 一路真輝トークショー@松坂屋 | トップページ | 映画「アナと雪の女王」(吹替) »