« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

映画「テルマエ・ロマエ II」

 4月27日午前、2年前に大ヒットした「テルマエ・ロマエ」の続編「テルマエ・ロマエ II」を観に行った。
 ヤマザキマリの漫画を映画化したものだが、原作(全6巻)のストーリーと異なり、コロッセオのグラディエーターたちを癒すために浴場建設を命じられ、戦争推進の元老院との対立に巻き込まれていくが、ウォータースライダー、マッサージチェア、足ツボ刺激器、バスクリンなど風呂ネタのギャグが展開する。
 出演は、阿部寛、上戸彩、北村一輝、市村正親ら前回のメンバーとほとんど同じ。
 続編モノはいつもあまり期待はしないが、ギャグもストーリーもテンポが良く、結構楽しめた。また、上戸彩がとてもチャーミングだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

明治村@愛知県犬山市

Dscn2406ゴールデンウィーク初日の4月26日、10数年ぶりに「明治村」を訪れた。
 2年ぶりに再開された西園寺公望別邸「坐漁荘」や重要文化財である呉服座、聖ヨハネ教会堂、西郷從道邸、宇治山田郵便局舎などを見学し、名物の食道楽の「カレーぱん」、「ひき肉のコロツケ」を食べ、帝国ホテルの喫茶室でケーキセットを楽しんだ。
 晴天の中で広大な敷地を歩き廻り、良い運動になった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ボストン美術館ミレー展@名古屋ボストン美術館

 4月24日夕、「ボストン美術館ミレー展~バルビゾン村とフォンテーヌブローの森から」に開館15周年を迎えた「名古屋ボストン美術館」に出かけた。
 有名な「種をまく人」、「羊飼いの娘」、「刈入れ人たちの休息(ルツとボアズ)」などボストン美術館のジャン・フランソワ・ミレーのコレクションを中心とした展覧会で、ボストン美術館蔵の「種をまく人」は02年の「ミレー展」@名古屋ボストン美術館以来14年ぶりの鑑賞だった。(山梨県立美術館蔵の「種をまく人」は12年2月に鑑賞)
 時間帯が遅いせいか、思ったより人が少なく、ゆっくり鑑賞できた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

万博記念公園@大阪府吹田市

 Dscn2358
 4月12日午後、花の美しい季節になってきたので、ずっと行きたいと思っていた大阪府吹田市の「万博記念公園」に出かけた。
 大阪モノレールの万博記念公園駅を降りると、お目当ての公園のシンボル「太陽の塔」が見えてくる。
 ここは1970年の大阪万博の跡地を整備した広大な公園で、当時の大阪万博(3回出かけた)以来44年ぶりだが、懐かしい思い出(三菱未来館、アメリカ館などに長時間並んだ)がよみがえってくる。
 やっぱり岡本太郎の「太陽の塔」は年を経ても燦然と輝くモニュメントだ。
 自然文化園では、春の陽気に誘われて家族連れが多く、チューリップやホピーの花が綺麗に咲いていた。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

 「ダディ・ロング・レッグズ」@中日劇場

 4月5日夜、ミュージカル「ダディ・ロング・レッグズ」を観に中日劇場へ行った。
 出演は、井上芳雄坂本真綾、席は1階中央後方。
 井上芳雄は12年10月の「DRAMATICA/ROMANTICA V」@愛知県芸術劇場以来11回目。坂本真綾は今回初めてだが、レミゼのエポニーヌ役やエヴァの真希波マリの声で注目していた。
 だれもが知っている「足ながおじさん」のミュージカルで、会話のシーンがほとんどなく、手紙の読み書きのシーンが続く。
 出演者が二人だけのミュージカルで華やかさはないが、作品としての完成度が高く、二人の実力派の歌唱力をじっくり味わうことができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

中日対巨人(2014年4月)@ナゴヤドーム

4月4日夜、今シーズン初めて、プロ野球公式戦・中日ドラゴンズ対読売ジャイアンツ戦にナゴヤドームに出かけた。席はパノラマA席三塁側。
 中日・川上、巨人・菅野の先発で始まり、中日は相変わらずの貧打(4安打)で2-0の完封負け。
 こんな状態だから金曜夜の巨人戦なのに空席が多いのは仕方ないが、中日応援の鳴り物なしが淋しいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »