« ミュージカル「赤毛のアン」@日本特殊陶業市民会館 | トップページ | 城之内早苗ミニライブ@イオン八事 »

演劇「炎立つ」@刈谷市総合文化センター

 9月3日夜、演劇「炎立つ」を観に愛知県刈谷市の「刈谷市総合文化センター」まで出かけた。(席は3列目中央)
 奥州藤原氏の興亡を描く高橋克彦原作の長編歴史小説「炎立つ」の舞台化であるが、内容は謎の巫女カサラ(新妻聖子)を語り部にして、“後三年の役”での、主人公・清原清衡(片岡愛之助)と清衡の異父弟・清原清衡(三宅健)の戦いを中心に描いている。その他、清衡を支援する陸奥守・源義家を(益岡徹)、古代神アラハバキを平幹二郎、清衡の母を三田和代、清衡の妻を宮菜穂子が演じている。
 片岡愛之助、平幹二郎ら実力派俳優陣やV6の三宅健の熱演に目を瞠ったが、お目当ての新妻聖子(3月の「国民の映画」以来32回目、新妻聖子クロニクル参照)も神々しい巫女姿で異彩を放っていた。
 平安時代の東北地方の“後三年の役”に関しては、あまりよく知らないため、内容的には難しかったが、音楽・効果音もバイオリン、ギター、シンセサイザー等で生演奏され、本格的な演劇の圧倒的な迫力に魅了された。平日の仕事後に名古屋から刈谷まで出かけた甲斐が十分にあった。
 
 

|
|

« ミュージカル「赤毛のアン」@日本特殊陶業市民会館 | トップページ | 城之内早苗ミニライブ@イオン八事 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85605/59566628

この記事へのトラックバック一覧です: 演劇「炎立つ」@刈谷市総合文化センター:

« ミュージカル「赤毛のアン」@日本特殊陶業市民会館 | トップページ | 城之内早苗ミニライブ@イオン八事 »