« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

厳島神社@広島県廿日市市

Dscn2694_3_2 11月29日、広島への1泊2日の旅行に出かけ、初めて宮島の「厳島神社」を訪れた。
 世界遺産の「厳島神社」は干潮の2時間後に到着したため、大鳥居はすでに水に浸かっていたが、まだ海岸には降りられた。
 入口から回廊を進み、社殿に参拝した後、「紅葉谷公園」へ行き、そこからロープウェイに乗り「弥山」に登った。
 宮島では「揚げ紅葉饅頭」(紅葉堂)、「あなご飯」(ふじたや)、「焼きガキ」(牡蠣屋)を食べた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

山下久美子&大澤誉志幸ライブ@名古屋Blue Note

 11月21日夜、山下久美子大澤誉志幸のライブ(1stステージ)に「名古屋Blue Note」に出かけた。「名古屋Blue Note」は18回目、席は正面最前列テーブル左端。
 まず黒のノースリーブの衣装で山下久美子がバックバンドと登場し、懐かしの「バスルームから愛をこめて」、「抱きしめてオンリィ・ユー」の2曲を歌った後、大澤誉志幸とセッションで「LOVERステッカー」を歌った。
その後、大澤誉志幸がギターのソロで数曲歌った後、山下が再登場し、二人でスローな「赤道小町ドキッ」や佐野元春の「SO YOUNG」等を歌った。
バスルームから愛をこめて」や「赤道小町ドキッ」など山下久美子の往年の名曲が聴けたのは良かったが、大澤誉志幸のソロの時間が異常に長かったり、左側テーブルの酔った男性が奇声を上げたり、最後の方でテーブル席ながらスタンディングになる女性たちが出たりして、全体的に興ざめなステージだった。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

石川綾子コンサート@電気文化会館

11月14日夜、石川綾子ヴァイオリン・コンサートに電気文化会館・コンサートホール(名古屋市中区)に出かけた。ピアノ伴奏は安田結衣子。
 前半は、白のドレスで登場した石川綾子は、「タンゴ ジェラシー」、「木星(ジュピター)」、「情景」(『白鳥の湖』より)、「オブリビオン」、「死の舞踏」、「夏」(『四季』より)「剣の舞」(『ガイーヌ』より)を独特なスタイルで激しく演奏した。
 後半は「アナと雪の女王」を意識した青のドレスで登場し、特別ゲストの“まらしぃ”と「千本桜」、「初音ミクの消失」の2曲を一緒に演奏した後、「レット・イット・ゴー」、「ユー レイズ ミー アップ」、「パッション」(オリジナル)、「チャルダッシュ」を演奏した。アンコールは「リベル・タンゴ」で締めた。客席に降りての演奏もあり、とても盛り上がった。
 勝手な私の思い込みだが、ヘアスタイル、横顔で故・本田美奈子を思い出してしまっった。演奏スタイルは、恍惚の表情はないが川井郁子以上に激しいスタイルで引き込まれる。トークも可愛らしい声のぶりっ子?系トークで意外感があり、期待を大きく上回る楽しいコンサートだった。
 終了後にCDを購入し、握手会に参加したが、アイドル・オタク系?の人が多かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

映画「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」

 11月1日のファーストデイに映画「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」を見に行った。
 ハリウッド・スターからモナコ公妃となったグレース・ケリーの華やかなシンデレラストーリーの裏に隠された激動の半生のドラマで、当時のド・ゴールフランス大統領との間に起きたモナコ公国の危機を救うための闘いを描いている。
 この時代に欧州でこんな出来事があったことを知らなかったが、往年の名画を見ているような映像美だけでなく、主演のニコール・キッドマンのきらびやかな気品に圧倒された。
 事前調べであまり人気が出ていないのが気になったが、時間を忘れて画面にクギ付けになった。

| | コメント (0) | トラックバック (3)
|

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »