« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

加藤恵利子&奥村育子コンサート@熱田文化小劇場

 1月28日午後、名古屋のソプラノ歌手・加藤恵利子奥村育子のコンサートに出かけた。
 2月のにミュージカル「ライト・イン・ザ・ピアッツァ」@アートピアに加藤恵利子がマーガレット役、奥村育子がクララ役で出演するため、今回はそのプレイベント的なコンサート。
 前半は、奥村が「春の声」(ヨハン・シュトラウスⅡ)、「アレルヤ」(モーツァルト)、「宵待草」、加藤が「アヴェ・マリア」(カッチーニ)、「あなたのようなお方は」(ヨハン・シュトラウスⅡ『こうもり』)、「蘇州夜曲」を歌った。
 後半は、「ライト・イン・ザ・ピアッツァ」を紹介しながら、その中の曲を歌った後、デュエットで「私のお気に入り」、加藤が「夢やぶれて」、奥村が「踊り明かそう」を歌い、最後はデュエットで「虹の彼方へ」を歌って締めた。(アンコールは「花」)
 ピンクの華やかなドレスで歌う奥村の「踊り明かそう」が良かったが、上品な加藤の安定した歌唱も良かった。「ライト・イン・ザ・ピアッツァ」では二人の共演がないのが残念。(奥子がクララの回を鑑賞予定)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

映画「アニー」

 1月25日午前、公開2日目のミュージカル映画「アニー」を観にいった。
 日本でもおなじみの名作ミュージカルの映画化だが、これまでの主人公アニーは赤いちぢれ毛でそばかすの少女だったが、今回はクワベンジャネ・ウォレスを起用してイメージを変え、時代設定も世界大恐慌直後のニューヨークから現代のニューヨークに変えた上、人物設定も異なっており、ニューヨーク市長候補の携帯会社オーナーのスタックスはジェイミー・フォックス、その秘書グレイス・ファレルはローズ・バーン、アニーを里子にしている元歌手ハニガンはキャメロン・ディアスが演じている。
 日本のミュージカル舞台は子供向けの感があるが、今回の映画版は大人向けで、ラストのヘリでの追跡のシーンは感動的だった。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »