« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

高山寺@京都

Dscn2810 2月28日、久しぶりに京都に出かけ、京都市右京区の栂尾にある「高山寺」(奈良時代に創建。実質的な開基は鎌倉時代の明恵上人)に出かけた。これで京都の世界遺産17を全て制覇
 駐車場に車を止め、裏参道から石段を上り、まず国宝の「石水院」を見学。ここにあの当寺所蔵の「鳥獣人物戯画」のレプリカが展示されている。(「鳥獣人物戯画」の実物はの京都国立博物館での展覧会(14年秋)で見学済)
 その後、「仏足石」を経て「金堂」まで登ったが、まだかなり寒いため、来訪者は少なく閑静でしっとりした山寺だった。
 その他、梅が見頃の「北野天満宮」(上京区)や空也上人立像や平清盛坐像で有名な「六波羅密寺」(東山区)も訪れた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ブログ開設10周年

 2015年2月21日で、当ブログ「Srendipity!」開設して以来、細々と続けて、とうとう10周年になりました。
 今後のエンタメ関連の予定は以下のとおりです。

【3月】
 幸田浩子ソプラノリサイタル <しらかわホール>
 「クリエ・ミュージカル・コレクションⅡ」 (大塚千弘 他) <中日劇場>

【4月】
 関西フィルハーモニー管弦楽団定期演奏会 (安倍なつみ) <なら100年会館>

【5月】
 幸田浩子ソプラノリサイタル <5/Rホール>

【6月】
原田知世ライブ  <名古屋ブルーノート>
安倍なつみライブ <名古屋ブルーノート>

【7月】
演劇「メアリー・ステュアート」(中谷美紀、神野三鈴)  <ウィンクあいち>

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ミュージカル「ライト・イン・ザ・ピアッツァ」@アートピアホール

 2月21日午後、名古屋市文化振興事業団主催のミュージカル「ライト・イン・ザ・ピアッツァ」を観に「アートピアホール」(名古屋市中区)に出かけた。
 今回の名古屋市版の出演は、マーガレット・日比野景、クララ・奥村育子、ファブリッツィオ・片山博貴、フランカ・趙知奈ら。奥村育子は1月のプレイベント・コンサート(熱田文化小劇場)以来2回目。
 ブロードウェイ・ミュージカル「ライト・イン・ザ・ピアッツァ」は07年12月のテアトル銀座公演(出演:島田歌穂、新妻聖子ら)以来2回目だが、フィレンチェを舞台にイタリア青年と恋に落ちる娘の“複雑”な問題に悩む母の葛藤を描いているが、物語的にスッキリしない。
 島田、新妻と比べるのは酷だが、主役の母子二人以外はテアトル銀座の東京版に引けをとらない出来であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

映画「悼む人」

 2月15日午前、公開2日目の映画「悼む人」を観に行った。重いテーマのせいか観客の年齢層が高い。
 天童荒太の直木賞受賞の長編小説を堤幸彦監督が映画化。事故や事件で亡くなった人たちを悼みながら旅をする青年を中心に、生と死を見つめる人間ドラマで、主人公・静人を高良健吾、静人の旅に同伴する倖世を石田ゆり子。そのほか井浦新貫地谷しほり椎名桔平大竹しのぶという実力派が共演している。
 石田ゆり子の体当たりの熱演は素晴らしかったが、「R15+ 指定」なのは疑問。ストーリー展開は引き込まれるが、観終わった後はもやもや感が残る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

一路真輝ライブ@名古屋ブルーノート(2015年2月)

 2月14日夕、一路真輝の名古屋ブルーノートライブ(1st STAGE)に出かけた。
 席は正面テーブル席の右端。観客は女性ばかりで、男性は数えられる程度。
 一路真輝のライブ・ミュージカルは10回目<”一路真輝”クロニクル参照>で、一路の名古屋ブルーノートライブは13年11月ライブに続き、4回連続!
 一路真輝は、キラキラの青のドレスで登場し、前半は、去年の活動を振り返りながら、JーPOPの「異邦人」、「時の流れに身をまかせ」、「ひまわりの約束」、「for you」を熱唱した。
 後半は、ミュージカル曲から昨年出演したミュージカル「シャーロック ホームズ~アンダーソン家の秘密」から「踊る人形」、「始まっていた」を歌った後、「All that jazz」(シカゴ)、「ソー・イン・ラブ」(キス・ミー・ケイト)や「オペラの怪人」から怪人ラウルの曲メドレーを歌った後、「メモリー」(キャッツ)をしっとり歌って締めた。
 アンコールではシックな黒のドレスで登場し、「You Never Walk Along」を歌った。
 JーPOP曲も素晴らしかったが、ミュージカル曲も多く、円熟の歌唱を心ゆくまで堪能できた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

”一路真輝”クロニクル

 ミュージカル女優・一路真輝のミュージカル・ライブ等の鑑賞記録です。

【2005年】
①ミュージカル「モーツァルト!」<中日劇場> (10月)

【2006年】
②ミュージカル「アンナ・カレーニナ」<中日劇場> (3月)

<一時引退>

【2011年】
名古屋ブルーノートライブ (5月)
④音楽劇「リタルダンド」 <アートピアホール> (8月)
名古屋ブルーノートライブ (12月)

【2012年】
ウィーンミュージカル・コンサート <中日劇場> (3月)

【2013年】
名古屋ブルーノートライブ (11月)

【2014年】
ミュージカル「シャーロック ホームズ~アンダーソン家の秘密」 <愛知県芸術劇場> (2月)
松坂屋名古屋店トークショー (3月)

【2015年】
名古屋ブルーノートライブ (2月)

【2016年】
ミュージカル「ブラック・メリーポピンズ」 <愛知県芸術劇場> (6月)
⑫名古屋ブルーノートライブ (7月)

(予定)
【2017年】
⑬ミュージカル「キス・ミー・ケイト」 <刈谷市総合文化センター> (7月)


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

“モーニング娘OG”クロニクル

安倍なつみ、石川梨華ら“モーニング娘OG”たちのミュージカル・ライブ等の鑑賞記録です。

【2009年】
石川梨華出演・ミュージカル「オペラ・ド・マランドロ」<中日劇場> (8月)

【2011年】
ドリームモーニング娘。 コンサート<中京大学文化市民会館> (11月)

【2012年】
石川梨華出演・演劇「細雪」 <御園座>

【2014年】
安倍なつみ名古屋ブルーノート・ライブ① (7月)
安倍なつみ名古屋ブルーノート・ライブ② (12月)

【2015年】
石川梨華トークショー@愛知県芸文センター (2月)
安倍なつみ出演・関西フィル定期演奏会 <なら100年会館> (4月)
安倍なつみ名古屋ブルーノート・ライブ③ (6月)
安倍なつみ山野楽器ミニライブ (8月)

【2016年】
安倍なつみFCイベント (2月)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

石川梨華トークショー@愛知県芸文センター

 2月8日午後、愛知県の環境イベントの目玉である「石川梨華エコアクション・トークショー」に愛知県芸術文化センター12階のアートスペースAに出かけた。石川梨華は12年4月の演劇「細雪」(御園座)以来4回目。<“モーニング娘OG”クロニクル参照>
 草色のワンピースと白いカーディガン姿で登場した石川は女性司会者のインタビュー形式で、捨てられないエコ?ライフやネパール、ケニア、アルゼンチンでの体験を語ったが、特に印象に残る話がなかったのが残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

映画「繕い裁つ人」(中谷美紀 舞台挨拶付き)

 2月7日午前、中谷美紀の舞台挨拶付きの映画「繕い裁つ人」を観に「ミッドランドスクエアシネマ」(名古屋駅前)行った。
 監督は三島有紀子で、神戸の高台にある仕立て屋「南洋裁店」を舞台に祖母から店を継いだ2代目店主・市江と常連客たちとの交流の日々を描いた人気漫画の映画化で、市江は中谷美紀、その他、三浦貴大片桐はいり黒木華中尾ミエ伊武雅刀余貴美子らが出演している。
 地味な映画だと思ったが、静かに物語が展開すつ中で、青い衣装の中谷美紀の上品で華のある演技に魅せられた。特に大きなチーズケーキを美味しそうに何度も食べるシーンが印象に残った。
 上映後にお目当ての中谷美紀(11年の「猟銃」@名鉄ホール以来2回目)がジーンズ、白いシャツに真珠のネックレス、シックな黒のブレザーで舞台挨拶で登場し、女性司会者のインタビューで、映像が美しいこの映画をたった2週間で撮影したこと、名古屋の鰻(「しら河」)、裁縫やミシンの話などを話した。
 映画の舞台挨拶は、飯田圭織(「ハイド・アンド・シーク」)、原田知世(「紙屋悦子の青春」)、松下奈緒(未来予想図)、寺島しのぶ(「キャタピラー」)以来久しぶりで、新鮮だった。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »