« 高岡早紀ライブ@名古屋ブルーノート | トップページ | 鞍馬神社、貴船神社@京都 »

「フェルメールとレンブラント」展@京都市美術館

 11月12日、「フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち展」を観に京都市美術館まで遠征した。京都市美術館は2回目。
 比較的作品が少なく小規模な展覧会だが、目玉となるのは、ともに国内初公開となるヨハネス・フェルメールの「水差しを持つ女」、レンブラント・ファン・レインの「ベローナ」のメトロポリタン美術館蔵の2作品。
 フェルメールの「水差しを持つ女」は窓から差し込む淡い光の描写とフェルメール・ブルーと言われる青を堪能できる。これでフェルメール作品の鑑賞は18作目になる。<“フェルメール”鑑賞クロニクル参照>
 レンブラントの「ベローナ」は戦いの女神を描いた作品だが、表情が穏やか。
でも、この2作品以外はあまり印象に残らなかった。
  

|
|

« 高岡早紀ライブ@名古屋ブルーノート | トップページ | 鞍馬神社、貴船神社@京都 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85605/62542011

この記事へのトラックバック一覧です: 「フェルメールとレンブラント」展@京都市美術館:

« 高岡早紀ライブ@名古屋ブルーノート | トップページ | 鞍馬神社、貴船神社@京都 »