« 演劇「キネマと恋人」@名古屋市芸術創造センター | トップページ | 2016年の総括 »

大名古屋らくご祭「年忘れ招福落語」@日本特殊陶業市民会館

12月25日夜、大名古屋らくご祭「年忘れ招福落語「」へ日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール(名古屋市中区)に出かけた。
 出演は、立川志の輔春風亭昇太桂ざこば、立川生志、柳亭小痴楽の5人。
 志の輔は、11年10月、志の輔落語(名鉄ホール)以来15回目、ざこばは、06年12月、「年忘れ東西落語名人会」(中日劇場)以来2回目、昇太は、08年11月、大名古屋らくご祭「六人の会」(御園座)以来2回。
 前座の春風亭昇市が「桃太郎」を演じた後、小痴楽が「一目上がり」、生志が蓮舫の話題をマクラに「寿限無」、ざこばが米朝の話をマクラに「しじみ売り」、中入り後、昇太が「時そば」、志の輔が「抜け雀」を演じた。
 席は2階後方左端。大ホールのためか、演目中に携帯が鳴ったり、おしゃべりしたり、マナーの悪い観客が目立った。

|
|

« 演劇「キネマと恋人」@名古屋市芸術創造センター | トップページ | 2016年の総括 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85605/64577718

この記事へのトラックバック一覧です: 大名古屋らくご祭「年忘れ招福落語」@日本特殊陶業市民会館:

« 演劇「キネマと恋人」@名古屋市芸術創造センター | トップページ | 2016年の総括 »