« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

「ランス美術館展」@名古屋市美術館

 11月30日夜、名古屋市美術館の「ランス美術館展」を観た。
 パリから北東へ約140kmの距離にあるシャンパニュー地方の中心都市・ランス(名古屋市と姉妹都市提携)にある「ランス美術館」の展覧会で、ドラクロワ、、ピサロ、ゴーギャン、シスレーなどの作品がある。
 思った以上の好みの作品が多く、ダヴィットの『マラーの死』、ピサロの『オペラ座通り』、レオナール・フジタ『猫』などの作品が印象に残った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

JJ1昇格プレーオフ準決勝・名古屋V対千葉@パロマ瑞穂スタジアム

 11月26日夕、J1昇格プレーオフ準決勝・名古屋グランパス対ジェフユナイテッド千葉戦を観に徒歩で「パロマ瑞穂スタジアム」に出かけた。席はカテゴリー4(バックスタンド自由席)。Jリーグの試合は2015年5月以来。
試合は、前半に千葉が先制したが、後半にシモビッチの3ゴール(PK1)などで4-2で名古屋が快勝した。決勝に期待!でも秋が深まった夕方の試合観戦は少し寒かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「皇室の彩」展@東京藝大美術館

 11月24日午後、東京・上野の「東京藝術大学大学美術館」で開催している「皇室の彩(いろどり)」展に出かけた。
横山大観、高村光雲、上村松園らの絵画、彫刻などの皇室献上品が地下展示室に展示されている。
 直ぐに入場できると思っていたが、凄い行列で入場まで45分くらい要した。観客は年配の方が圧倒的に多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

岐阜基地航空祭2017

Dscn3884 11月19日朝、航空自衛隊岐阜基地(岐阜県各務原市)の「岐阜基地航空祭2017」に出かけた。名鉄・三柿野駅から徒歩数分の場所であるが、荷物検査のため1時間半以上かかって、やっと入場できたが、入場後も前に進むのがつらいほどの大混雑で、何とかお目当ての4年振りにブルーインパルスの演技飛行の時間に間に合い、美しい編隊飛行を観ることができた。でも、その後の室屋義秀選手のアクロバット飛行のほうがずっと楽しめた。
途中から雨が降り出して、早々に駅に向かったが、駅も入場制限するほどの混雑でとても疲れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

松下奈緒ライブ@「名古屋ブルーノート」(2017)

11月26日夜、松下奈緒ライブ(1st STAGE)に名古屋ブルーノートに出かけた。席は正面テーブル最前列右端。
 松下奈緒は、16年2月の名古屋ブルーノート・ライブ以来4回目。
 松下奈緒は、黒のスーツ、パンツで登場し、ドラム、ギター、ベース、バイオリン、サックス他、シンセサイザーの6名をバックに「wish」などを歌い、自身が出演しているテレビドラマ「トットちゃん」の話を中心にトークを展開し、その挿入曲「Lovin' You」や「Carnival Night」などをピアノ演奏した他、「ホワイトクリスマス」、「ジングルベル」などのクリスマスソングをメドレーで演奏した。
アンコールではグレーのドレスに着替え、「Jazz Chocolat」などを演奏した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

映画「ロダン カミーユと永遠のアトリエ」

 11月12日午前、ミュージカル「GOLD~カミーユとロダン」(2011年)を観て、カミーユ・クローデルに興味を持ったため、映画「ロダン カミーユと永遠のアトリエ」を観に行った。(公開2日目)
 40代以降のオーギュスト・ロダンの創作における苦悩や愛弟子カミーユ・クローデルとの愛憎などを描くフランス映画。監督はジャック・ドワイヨン。ヴァンサン・ランドンとイジア・イジュランがロダンとカミーユを熱演している。
 映画の中にロダンの『地獄の門』、『カレーの市民』、『接吻』、『私は美しい』、『バルザック記念像』やカミーユの『ワルツ』などの作品や日本人モデルの花子も登場し、モネ、セザンヌらとの交流も描かれて、とても興味深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »