« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年の総括

 2017年の記事は、コンサート関係14件(クラシック・器楽系5件、ミュージカル系4件)、映画関係7件、レジャー関係7件、ミュージカル関係4件、スポーツ関係3件、展覧会関係3件でした。
 来年(2018年)の予定は、
<2018年1月>
 未唯(mie)ライブ 【名古屋ブルーノート】
 ・ミュージカル「屋根の上のバイオリン弾き」(神田沙也加 他) 【愛知県芸術劇場】

<2018年2月>
 ・ミュージカル「戯伝写楽2018」(中川翔子 他) 【日本特殊陶業市民会館】
 ・大塚愛ライブ 【名古屋ブルーノート】

<2018年3月>
 ・ミュージカル「ジキル&ハイド」(石丸幹二、笹本玲奈 他) 【愛知県芸術劇場】

<2018年12月>
 ・ミュージカル「マリー・アントワネット」(笹本玲奈 他) 【御園座】

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新妻聖子ディナーショー@キャッスルプラザ

 12月23日夕、「新妻聖子クリスマス・ディナーショー2017」(第一部)に「キャッスルプラザ」(名古屋市中村区)・「鳳凰の間」に出かけた。ここ「鳳凰の間」は私が30年前に結婚式披露宴をした思い出の場所、席は2列目丸テーブル。
 ディナーの食事を終えてから、ショーが始まり、新妻聖子は会場端に設えられたステージにグレーのドレスで登場し、ピアノ、バイオリン、ドラムをバックに「ラマンチャの男」、「天地の声」、「オールウェイズ・ラブ・ユー」 、「Sweet Memories」、「アメイジンググレイス」、客席に降りての「星に願いを」、「アナザー・デイ・オブ・サン」(ラ・ラ・ランド)、「Beauty and the Beast」(美女と野獣)、 「命をあげよう」、「恋人たちのクリスマス」を歌い上げた。
アンコールは「Nessun Dorma」(誰も寝てはならない)で締めた。
ディナーショー的な特別な演出もなく、短いコンサートという感じで終わり、少し期待はずれ。でも料理は美味しかった。
 新妻聖子のライブは11年間で40回目<新妻聖子クロニクル参照>で、今年初めて実現した念願のディナーショーも見たし、最近はテレビでもよく歌っているので、いったんは休止かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

名フィル・コンサートwithサラ・オレイン@日本特殊陶業市民会館

 12月21日夜、サラ・オレインが出演する名フィル・クリスマスコンサートに日本特殊陶業市民会館フォレストホールに出かけた。サラ・オレインは今年6月の名古屋ブルーノートライブ以来2回目。名フィル指揮は川瀬賢太郎。
 前半は、「メイン・タイトル」(スターウォーズ)、 「タラのテーマ」(風と共に去りぬ)、「レイダース・マーチ」(インディ・ジョーンズ)、「ロミオとジュリエット」、 「クリスマスフェスティヴァル」など名フィルによる映画音楽の演奏。
 後半は、サラ・オレインが登場し、「Little Doll」、「On My Own 」(英語版) 、「 大いなる世界」などを歌い、「 Animus」をバイオリン演奏し、中島みゆきの「糸」をピアノ演奏しながら歌った。
 アンコールでは、ムーミン映画の主題歌「ウインターワンダーランド」、「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」で締めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

岡幸二郎 ミュージカル・コンサート@中日劇場

 12月19日夜、「岡幸二郎in ミ ュージカル・コンサート」に中日劇場に出かけた。やっと手に入れた席は1階前方右端。
 メインの岡幸二郎は、6月の東海高中サタデープログラムのインタビュー・トーク以来5回目。
 ゲストの一路真輝は、7月の「キス・ミー・ケイト」以来14回目<”一路真輝”クロニクル参照>、和音美桜は、14年9月のミュージカル「レディ・ベス」(中日劇場)以来3回目、岩崎宏美は、14年9月のミニライブ(アスナル金山)以来4回目、石井一孝は13年4月の「トゥモロー・モーニング」(中日劇場)以来4回目、渡辺大輔は初めて。
 第一部は、「見果てぬ夢」(岡幸二郎)、「躍り明かそう」(和音美桜)、「ディス・イズ・ザ・モーメント」(渡辺大輔)、「愛する我が家をはなれて」(岩崎宏美)、「ONE」(岡幸二郎、石井一孝、和音美桜、渡辺大輔)などが歌われた。
 第二部は、『エリザベート』から、「愛とうつつの狭間に」(一路真輝)、「夜のボート」(一路真輝、岡幸二郎)、「私だけに」(一路真輝)、『オペラ座の怪人』から「ミュージック・オブ・ザ・ナイト」(岡幸二郎)、「オール・アイ・アスク・オブ・ユー」(和音美桜、渡辺大輔)、「ポイント・オブ・ノー・リターン」(石井一孝、和音美桜)、
『レミゼラブル』から、「夢やぶれて」(岩崎宏美)、「カフェ・ソング」(石井一孝)、「スターズ」(岡幸二郎)、「民衆 の歌」(一路真輝以外の全員、コーラス)が歌われ、最後は一路真輝もテナルディエ夫人役で加わり、「ワン・デイ・モア」で締めた。
 一路真輝の圧倒的な歌唱に魅せられたが、トークは岩崎宏美がレミゼの思い出で、本田美奈子、ファルセット歌唱の話をしたのが印象に残った。
 来年3月に閉館になる中日劇場は05年10月「モーツァルト!」から12年、25回目、これで最後。
 私の中日劇場ベスト公演は09年の「ミー&マイガール」かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「安藤忠雄展」@国立新美術館

Dsc_3627_2 12月8日午後、六本木の国立新美術館で開催されている「安藤忠雄展」に行った。
新国立美術館は2年半ぶり。建築家・安藤忠雄の手がけた作品の模型やドローイングの他、代表作の「光の教会」が屋外展示場に再現されている。
思ったよりは混雑してなかったが、内容は充実しており、とても興味深かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「MRJミュージアム」&「あいち航空ミュージアム」

Dsc_3622_2 県営名古屋空港近くに新しくオープンした「MRJミュージアム」と「あいち航空ミュージアム」に行ってきた。
お目当ての「MRJミュージアム」は予約制で、まず、エアポート隣にある「あいち航空ミュージアム」入場口横で受付をした後、小型バスで「MRJミュージアム」に移動、女性スタッフにより、まず1階の展示室で約1時間ほどさまざまなMRJの説明を受けた後、2階に上がり、約30分間、機体の組立、艤装のエリアをガラス超しで工場見学した。
全体的に遊び要素のない真面目な見学ツアーであったが、航空機マニアの自分としては興味深い内容だった。早くMRJに乗ってみたい!でも写真撮影が全くNGなのは残念。
「MRJミュージアム」見学後、「あいち航空ミュージアム」を見学したが、ゼロ戦などを自由にのんびり見学した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »